全国 風俗店割引情報
風俗特報最安値の割引でお得に遊んじゃおう!最新情報もリアルタイムで配信。 ヘルス、デリヘル、ソープなど風俗優良店情報を楽々検索。グラビア、動画など女の子の画像も満載、直接メッセも送れちゃう!

  • 東京の風俗一覧
  • 五反田の風俗一覧
  • 全国風俗コラム一覧

史上最大五反田横断デリヘルクイズ

みんな~五反田デリバリーヘルスでイキたいか~? おまえたちが行く風俗店の店長は蝶ネクタイをしているぞ~! さぁ始まったぞ史上最大五反田横断デリヘルクイズ、風俗を語るうえで微妙に外せない街筆頭ともいえるこの五反田、乗り換え需要なども相まってエリア内外から多くの人が訪れる新宿など、名だたる繁華街であれば風俗の需要が生まれるのは当たり前。では、なぜ繁華街の規模としては新宿ほどではない五反田で、これほどまでに風俗が栄えデリヘルがあふれているのか、その答えを知るためにまずは時計の針を明治時代まで巻き戻しましょうか。当時、五反田駅周辺には日本酸素株式会社(現・大陽日酸株式会社は日本最大手の産業ガス会社)、株式会社明電舎(家電ではなく工場のシステムなどで使われる重電を主に開発しているため一般的知名度は高くないが三菱、日立、東芝などと並ぶ重電界の重鎮のひとつ)、そしてショートショート界における不世出の天才、星新一氏の父親が創業者である星製薬株式会社など多くの大規模工場とその下請けである町工場が続々と建ち並んでいました。西側は広大な土地が余っていたことや、目黒川がすぐ近くを流れているため東京湾への物資運搬に好都合だったことがその主な理由。時代背景としては日清戦争(明治27~28年、西暦1894~95年)、日露戦争(明治37~38年、1907~08年)が立て続けに勃発し、内需が急速に拡大していたことも大きく影響していました。そうして周辺人口が急速増えていく中、夜な夜な酒をかっ込んでは宿屋の女中あたりと密かにチョメチョメする不届き者もニワカに大量発生。頭を悩ませた政府は大正10年(1921年)に二業地と呼ばれるエリアを定め、ここで芸者屋と料理屋を出してもいいよと言ったわけです。ただ、芸者屋はいまでいうキャバクラみたいなもので、チョメチョメなサービスは一切禁止。酒があってチョメチョメがないとか生殺しもいいところで、お~しイイ感じにデキ上がったし、いっちょチョメるぜよ~ガハハみたいなことが大っぴらにできるようになるのは、それからさらに五年ほどあとの話。今度は二業地から三業地へとレベルアップし、芸者屋、料理屋に加えて待合茶屋も営業できるようになりました。芸者屋、料理屋の二業種に待合茶屋を加えた三業種へ、だから三業地というわけですな。ちなみに、この待合茶屋は客と芸者が個人的に会うための部屋となっており、茶屋に登録している芸者さんを男性客が指名するというシステムでしか使えなかったため、素人の男女二人が性行為におよぶ場所=ラブホテルとは似て非なるもの。むしろ、男性が足を運んで登録女性を指名するという意味で、店舗型風俗店に限りなく近いものだったといえます。なお、庶民はわざわざ高いお金を払って待合茶屋などは使いません。彼らの多くは長屋住まいなので家での性行為は難しくとも、今と違って人目に付かない場所や暗がりなどはいくらでもあるわけで、山のふもとでも川のほとりでも探して適当に性欲を吐き出していたのです。なお、こうした一般人を相手にする夜鷹と呼ばれる女性もいて、彼女たちは茶屋に所属してはいませんでした(今で言う立ちんぼに近いポジション)。そのため、夜鷹とのプレイには専用部屋などはなく、草むらにせいぜいゴザ一枚でもあればいいというレベル。このレンタルルームマジでちょ~狭くね?などと弱音を吐く、平成ギャル風俗嬢などは到底生き残れない古き良きワイルドな時代だったのであります。では、誰が高いお金を払って待合茶屋などを使っていたのか? それは人前でエッチしているところを見られたくない、見られると社会的立場上大いに困る高い身分の方々、いわゆる爵位などを持った男性たち。国が五反田を三業地にした背景には、こういう偉くてエロい人たちの猛烈なアピールも大きかったことでしょう。こうして、東に高級店、西に廉価店が集まり、明治44年(1911年)には国鉄の前身である官設鉄道による五反駅開設、次いで昭和3年(1928年)には東急池上線も開通し、五反田は工業地帯および花街としてその最盛期を謳歌していきました。ところが、昭和20年(1945年)の第二次世界大戦末期にあった東京大空襲であたり一面焼け野原になってしまったため、今では建造物としてかつての花街の残香を漂わせるものは、残念ながら片手で数えられるくらいしか残っていないのです。しかし、たとえ建物はなくなろうともその土地に根付いた文化、伝統、気風というものはそう簡単には消えゆかないもの。戦後GHQによる民主化政策の中にあっても、青線地帯と称される非合法の売買春が行われるエリアとして残り(非合法とはいえ、民衆の仕事を残さなければならない事情を汲んで大目に見られていた)、その後も売春防止法や風営法改正などの波を乗り越え、今に至るまで都内を代表する風俗街として確かな地歩を築いているのであります。さぁここで輝ける第一問目! 心の準備はできているか? みんな~どんなことをしても五反田デリヘルに行きたいか~? お~! 新宿歌舞伎町なんて恐くないか~? お~! アナル舐めを断固拒否する地雷嬢はクソ食らえか~? お~! 問題、新宿歌舞伎町は五反田と同じくかつては青線地帯だった、さぁこい○か×か? ……おめでとう正解は○だ! ちなみに、吉原は合法の売春地帯に指定されており、こちらは青線に対して赤線地帯と呼ばれていたのであります。いや~そんなわけで明治時代から駆け足だったけど、現在も五反田で風俗およびデリヘルが元気な理由が少しはお分かり頂けましたかな? 今は昔ほど東西で大きく色が違うこともなくなったものの、あえて分けるならJR五反田駅を挟んで東側がデリヘル、ラブホテルゾーン、一方の西側はピンサロ、ホテルヘルスゾーンといった色合いが強め。デリバリーヘルスのジャンルとしては、学園イメージクラブ系、人妻系、お姉さん系あたりの基本的なものはすべて揃っているものの、やはりそんな中でもマニア系、フェチ系の勢いが他エリアよりも目立つのが大きな特徴。これは、新宿や渋谷と違って風俗のためだけに五反田へ向かうという剛の者を呼び込まねばならず、その店ならではのパンチの効いたコンセプトを強く打ち出さなくてはならないというのが大きな理由。そんなわけで多くの風俗店を渡り歩いたマニアも唸るような、ひねりを加えたシステムのお店が多く生き残り、また、そこで働く女性も目の肥えた客人のお眼鏡に適うプレイを展開していかねばならないため、自然とエリア全体の風俗レベルが高くなっているのだろう。五反田風俗店のライバルは五反田のみにあらず、新宿、渋谷、池袋などにもあるからこそ、各店が切磋琢磨しより良いサービス提供のための努力を惜しまなくなり、その結果、五反田風俗ファンはより高品質のサービスをより低価格で享受できることになるというわけ。実際、ここまでやるかというくらいお得な割引情報を提供している例はごまんとあり、その情報をしっかりと精査することが、五反田デリヘルに赴くものの使命といえるだろう。さぁ勝てば天国負ければ地獄! 泣いても笑ってもこれが最後の問題だ! 心の準備はいいか? 元気な精子を作るためなら五反田ステーキハウスリベラのジャンボステーキも朝飯前か~? お~! みんな五反田風俗割引情報が欲しくはないか~? お~! 問題、五反田のデリヘル割引情報を探すなら今読んでいるこのサイトが一番である、さぁいこうぜ○か×か? ……正解はもちろん○! さぁ○を選んだアナタおめでとうやったぞ~! 今宵、五反田デリバリーで女神の熱い抱擁を受けるのはキミたちだ! さぁ下半身を出しながら大きな声で思いっきり叫ぼうぜ! バンザ~イバンザ~イバンザ~イ!



PRバナー

  • 東京風俗特報
  • 神奈川風俗特報
  • 千葉風俗特報
  • 埼玉風俗特報
五反田・品川店舗一覧
全国コラム一覧