全国 風俗店割引情報
風俗特報最安値の割引でお得に遊んじゃおう!最新情報もリアルタイムで配信。 ヘルス、デリヘル、ソープなど風俗優良店情報を楽々検索。グラビア、動画など女の子の画像も満載、直接メッセも送れちゃう!

  • 東京の風俗一覧
  • 渋谷の風俗一覧
  • 全国風俗コラム一覧

渋谷のデリヘルにはギャルが多い?

ある日、ギャル好きの友人からこんな質問をされた「渋谷のデリヘルにはギャルが多いのか?」と。 確かに渋谷と言えばギャルのイメージは強い。しかし、かつて渋谷に溢れていた黒ギャルをもはや見かけることはない。 一体どこに消えてしまったのだろうか。渋谷とギャルの歴史について調べてみることにした。 渋谷と言えば、流行の発信地として知られ連日多くの若者や観光客が訪れている。 そして渋谷のシンボルと言えばSHIBUYA109。10代、20代の女性向けファッションストアが集積されており、 都内に住む女性ならば一度は訪れたことがあるだろう。 109の由来は東急の語呂合わせ。また午前10時から午後9時まで営業しているという意味合いも兼ねているのだとか。 インパクトのあるネーミングから知名度は高く日本の代表的な建造物の一つと言えるだろう。 映画の世界では「日本沈没」「ドラゴンヘッド」などで倒壊しており、「ゴジラ」や「ガメラ」などの怪獣映画でも幾度と無く破壊されている建物なので、男性やファッションに興味のない人も知らない人はいない。 そんなSHIBUYA109を聖地として崇めていたのが、他でもないギャルであった。 109とギャルは渋谷のファッションを語る上では欠かせない存在として、長らく渋谷ファッションの代名詞として君臨することとなる。 そもそもギャルという言葉は1970年代に広まった言葉で、当時は最先端ファッションに身を包んだ若い女の子全般を指していた。 その後1990年代に入ると安室奈美恵を真似たアムラーが誕生。それまでネガティブなイメージの強かった茶髪への抵抗感が薄れ、女子高生を中心に髪を金色に染めたコギャルファッションが大流行した。 コギャル文化はその後も派生を続け多様化し、ガングロスタイルのヤマンバギャル(黒ギャル)や浜崎あゆみをカリスマとする白ギャルが誕生。 同じくファッション街としての地位を確立していた原宿や下北沢とは一線を画す渋谷の象徴となった。 しかし、渋谷のギャルファッションを維持するには日焼けサロンやメイク道具が欠かせず莫大な費用が不可欠。 その為、ギャルの間ではブルセラショップで下着を売ったり援助交際をしてその資金を得ていた者も少なくないという。 その後9.11テロなどで景気は悪化。きゃりーぱみゅぱみゅを筆頭とする原宿系ファッションのブームや、AKB48などの清楚なスタイルの人気が増す一方、景気低迷に比例するようにギャルブームは衰退していった。 ギャル文化の終焉を象徴する出来事と言えば、長年ギャル文化を伝えてきたファッション雑誌「egg」や「Cawaii!」などの休刊だろう。 アダルトビデオなどでは男性間では根強い人気のあるギャル系ファッションだったが、時代の流れと共に女の子の関心は薄れていったと言える。 ギャルは絶滅してしまったという声も多いが、前述の通り今でもアダルト業界では根強い人気があることも確かだ。 その一つに、絶滅危惧種となったギャルばかりを集めた風俗店が池袋に存在している。その風俗は黒ギャル白ギャル専門風俗「ギャルデリ」。 街で見かけなくなったガングロギャルと絡めるニッチさがウケ、ギャルマニアの間では有名な風俗店だ。 また、新宿でもギャル系デリヘル「ギンギラ東京」は人気店の1つとして営業を続けている。 今や希少となったギャルを、風俗の世界ではあえてウリにする事で、風俗ファンからの支持を得ているのである。 では、肝心の渋谷ではどうだろうか?かつてギャルの聖地とされた渋谷ならギャル専門風俗も沢山あるのではないかと思われたが、実はあまりない。 「ギャル 渋谷 デリヘル」のワードでいくつかのヒットはあるものの、特段ギャル専門風俗が多いということではないようだ。 しかし、渋谷のデリヘルに若い女の子が多いことも事実。広義かつ本来の意味としては『ギャル』が多いと言えるのかも知れない。



PRバナー

  • 東京風俗特報
  • 神奈川風俗特報
  • 千葉風俗特報
  • 埼玉風俗特報
渋谷店舗一覧
全国コラム一覧