全国 風俗店割引情報
風俗特報最安値の割引でお得に遊んじゃおう!最新情報もリアルタイムで配信。 ヘルス、デリヘル、ソープなど風俗優良店情報を楽々検索。グラビア、動画など女の子の画像も満載、直接メッセも送れちゃう!

  • 東京の風俗一覧
  • 吉原のソープ一覧
  • 全国風俗コラム一覧

吉原情報と聞くと、やっぱりソープ情報だと思っちゃう?

今日は吉原情報をお伝えします。と聞くと大勢の皆さんが吉原=ソープランドと思ってしまうのではないでしょうか。
やっぱ吉原情報と聞くと、ソープだと思っちゃいますよね。私もその一人です。
でも考えてみると吉原っていつからソープ街になったのか?とか、なぜあの場所に?など、吉原について知らないことってたくさんありますよね。
そんなわけで今日はソープ以外の吉原情報を調べてみました。
まず地名。吉原!吉原!とまるでそのソープ街の地名のように皆さん呼んでるかもしれませんが、そんな地名は存在しないということです。
住所でいうと、東京都台東区の千束四丁目と三丁目の一部らしい。
で地名は無いのになんで吉原と呼ばれているのかは、吉原遊郭の名残みたい。今の吉原ソープ街があるところに昔は吉原遊郭があった。それでソープ街となった今も吉原という名前だけはのこった。
そこで思うのは、遊郭とはなんだ?ということでしょう。漠然としたイメージでは昔のソープ?のようなものということ思いがちですが、現在のソープとは全然違ったものだったみたいです。
吉原遊郭は1617年に江戸幕府の公認でできました。でも最初は現在の千束ではなく、
現在の日本橋人形町付近につくられたようです。そこは葦の多い湿地帯で葦原と呼ばれていて、「葦」は「悪し=あし」にも聞こえることから縁起が悪いとされて、「あし」の反対の「よし=吉」、「吉原」と名付けられたそうです。
そこから現在の吉原の名前が残ります。
ではなぜその人形町の辺りから現在の千束に移されたか。それは火事です。吉原だけでなく、昔はよく火事があったみたいですが、火事による移転で現在の千束の場所に移されたみたいです。
しかしざっと調べてみるだけでも吉原は何度も全焼しています。1656年に今の場所に移ってからなんと30回近く火事にあっているということです。
有名なのは1911年の吉原大火でしょうか。これは名取裕子主演で「吉原炎上」という映画にもなったので皆さんご存じかと思います。
その他にも1923年(大正12年)の関東大震災で全焼、1945年(昭和20年)東京大空襲で全焼。吉原=燃えると言っていいほど燃えまくってますね。
しかし凄いのはそれほど何回も焼けてもその都度立ちなるということ。やはり昔から吉原の人気は凄かったみたいですね。需要がなければ火事があったら廃れていきそうなもの。
そんな人気の吉原遊郭だけに遊女の中でも位があったのだとか。吉原遊郭ができたばかりの頃の遊女の最高ランクは「太夫」だったみたいです。でも「太夫」は途中で廃止になったんだとか。
それからの最高ランクは「花魁」。これは上にも出た「吉原炎上」での名取裕子ですね。有名ですね。
現代で言えばランキング一位の人気嬢みたいなものか?と言えば、全然そんなことはなく、付き人の禿(かむろ)とか新造とか若い女の子の費用なんかも自分で出さねばならず、花魁の地位を保つには莫大な費用がかかったとか。
さらには教養も身につけねばならず、誰でも彼でもなれるというわけでは無かったみたいです。
それなので、花魁のような高級遊女と男女の仲になるのは客のほうもそうとうな金がかかったそうな。なんでも今でいうと何百万とか。
しかも最低でも3回は通わなければならなかったみたいです。一回目は「初会(しょかい)」といって、同じ場所にいるだけ。口をかわすことは出来なかったみたい。
二回目は「ウラを返す」といってほぼ初会と同じ。そしていよいよ三回目は「馴染(なじみ)」といってここでようやく床を同じにできたみたいです。
いかがでしたでしょうか。ソープ以外の吉原情報。主に吉原遊郭のことでしたが、調べてみて思ったのはやっぱ現代のソープが良いなあということ。
金がかかり過ぎて庶民がいく場所じゃなかったみたいですからね。
庶民の私が自由に行ける吉原ソープに感謝しつつ、また遊びに行きたいと思いました。以上、ソープ以外の吉原情報でした。



>>この記事を見た人はこちらもご覧になっています
吉原エリアの風俗街一覧
吉原エリアの特報限定割引一覧
吉原エリアの風俗店口コミ一覧

PRバナー

  • 東京風俗特報
  • 神奈川風俗特報
  • 千葉風俗特報
  • 埼玉風俗特報
吉原店舗一覧
全国コラム一覧