どこの風俗店で遊ぶか悩んでいる人は口コミ情報を参考にしましょう!

全国風俗店割引情報
風俗特報最安値の割引でお得に遊んじゃおう!最新情報もリアルタイムで配信。
ヘルス、デリヘル、ソープなど風俗優良店情報を楽々検索。グラビア、動画など女の子の画像も満載、直接メッセも送れちゃう!
風俗特集記事
ソープランド特集記事

風俗店の口コミとは?

情報の伝達および感情の共有はコミュニケーションの基本であります。
自分がウマイと思ったラーメン屋を誰かに紹介し、その人もウマイと言えば、それはラーメン屋情報の伝達およびウマイの共有であり、
つまらなすぎる映画を観たあとに、つまらなさを共有するのもまたしかり。
ネットが今のように発達していなかった時代、情報の伝達手段は口から口への口コミュニケーションが主流でしたが、
あらゆる人がネットに触れるようになった今日においても、口コミは最強の情報伝達手段であり続けているのです。
口コミが他の情報伝達手段と一線を画しているのは、情報発信者と受け手が親しい関係にあるところです。
例えば、女子高生のA子さんが学校帰りに見知らぬオヤジからウマイラーメン屋を紹介されたとします。
これでは、ラーメン屋がウマイとかマズイとか以前にキモイとしか思いませんね。
ラーメンとかしばらく食べる気が失せる可能性すらあります。
一方、同じ情報を親友のB子さんからもらったとしたらどうでしょう?
俄然そのラーメン屋に興味が沸いてくるはずですし、ウマさへの疑念を抱くこともないでしょう。
人間、同じ情報でも誰から得たかで、それに対する関心や信頼性が段違いになります。
正直、そんなにラーメンな気分でなかったとしても、B子さんとの良好な友人関係を保つため、A子さんは近々そのラーメン屋に足を運ばないといけません。
親しい間柄ならではの面倒くさい行動強制力も持っている口コミは、興味、関心、行動という人間の購買行動にズバリマッチしており、広告手法として非常に有用なのです。
かつて広告といえば、新聞、雑誌、テレビ、ラジオのいわゆる4大マスメディアが主役であり、一個人が気軽に利用できるものではありませんでした。
でも今は違います。ブログやツイッター、フェイスブックにインスタグラムなど、誰もがお金もかけないで、世界中の人々に指先ひとつで情報発信できる時代です。
しかも、これらは感情の共有をベースとしたコミュニケーションツールの側面が強く、現実社会での交流はなくとも口コミの要件である親しい人間関係を構築しやすいのがミソ。
広告くささを消した、ネット全盛時代ならではの広告手法、いわゆるステルスマーケティングをかますのにうってつけの舞台が整ったのです。
ステマの典型的手法は、一般人がブログやSNSの投稿の中に宣伝したい商品の話題をナチュラルにねじ込んだり、
有名人が企業と直接関わっていない体で、何かしらのサービスや商品を絶賛したりするもの。
情報の受け手が「広告」であると理解していれば、取捨選択を冷静に行えるでしょうが、、
ステマの恐ろしいところはネットを通じた親しい人、好意を寄せている人から「有用な情報を貰えた」と錯覚してしまいがちな点。
ユーザーにとって大事なステップである、情報の吟味を問答無用でスキップさせてしまううえに、口コミ特有の消費行動促進パワーもケタ違いです。
一時期、ネット全般でサギ臭いステマ戦法が横行したせいで消費者庁もようやく重い腰を上げましたが、
欧米諸国に比べステマ広告のガイドラインはまだまだヌルく、日本の口コミ広告は消費者にとっては依然としてデンジャーな存在となっているのです。
口コミ=ステマといってもいいほど両者の親和性は高いですが、もちろん、ネットに転がっている口コミの全てがステマではありませんし、そうでないものの方が多いでしょう。
しかし、それが「広告ではない」と判別するのが困難である以上、目の前にある全ての情報を鵜呑みにしてはいけません。
これは、風俗の情報収集であっても同じです。
かつて、変態紳士の情報源といえば無料案内所や情報誌が定番でしたが、現在は、風俗情報サイト、風俗匿名掲示板、風俗個人ブログの三大風俗口コミュニティが主流になっています。
風俗情報サイトは情報量、情報の鮮度、見やすさでアタマひとつ抜けていますが、
風俗店から広告費をゲットしていることが多いので、特定のお店の評価が不自然に高まっていないかは常に注意を払っておく必要があるでしょう。
風俗匿名掲示板は、情報サイトや風俗個人ブログではお目にかかれないような生々しい情報に出くわしたり、自らの身体を張ってゲットしてきた情報を惜しげもなくバラ撒く勇者がマレに降臨したりもしますが、
所詮はお便所の落書きでありますので、どれがウソでどれがホントかは神のみぞ知る世界です。
誰もが匿名で書けるということは、お店や嬢が自画自賛したり、ライバル店やライバル嬢を貶めたりするのも朝飯前なことを念頭に置いて、話半分程度に聞いておかねばなりません。
風俗個人ブログはブログ主の個人的嗜好が強く反映されてはいるものの、マネーの流れや自作自演の可能性は低く、比較的公平性の高い口コミが期待できるでしょう。
ただ、個人ブログのくせに余りにも記事更新がコンスタント過ぎるのは、風俗マネーの香りが漂いデンジャー。
最初はこぢんまりと趣味でやっていたとしても、アクセスが集まってくるにつれお店や広告代理店からのアプローチがあり、そこからステマ活動に魂を売ってしまうことはよくあります。
したがって、規模は小さいほうが情報の信頼性は上がりますが、情報量や鮮度に難があり目当ての口コミをゲットできる可能性が低くなるのが残念なところです。
このように、三大風俗口コミュニティはどれも一長一短ありますので、どれかひとつに偏ることなく満遍なく見ていったうえで、情報を総合的多角的に判断するのが正しい使い方。
結局、最後にお金を出して突撃するのは自分なのですから、後悔しないレベルまで口コミ情報を吟味し、いつだって自分を信じろの心意気で最終決断を下していきましょう。
時にはそれで玉砕することもあるでしょうが、自分で決めたことならば納得もいくというものですし、成功と失敗を繰り返すことで風俗口コミ選球眼の上昇へと繋がるのもバッチグー。
口コミは正解への一本道ではありません。しょせん誰かが立てた道しるべでありことをキモに銘じつつ、己のティンポが指し示した道を信じ進んでいこうではありませんか!

風俗店の口コミこんな方にお勧め

現在、全国にある風俗店は16,000店舗ほど。
その全てを自力でチェックしていたらガマン汁も枯れ果てるというものです。
そんなときこそ、風俗口コミの出番ではないでしょうか? どうですかお客さん!?
風俗初心者の方は、どういったお店が自分にマッチしているのかを知る手がかりになるでしょうし、
ベテラン変態紳士であれば、ある程度ターゲットを絞ったうえでお店や嬢の評判をチェックするのに有効。
すなわち、風俗店を利用する全ての人に風俗口コミはオススメなのです!
そんな中でも、より口コミを有効活用できるのはどんな人種なのか? それを見ていきましょう。

想像力豊かな人ならうまし!
いきなりこんなこと言うのもなんですが、風俗口コミはしょせん他人のティンポが勃起しただの、しなかっただのの日記でしかありません。
他人のティンポは自分のティンポではないのですから、プラスの口コミもマイナスの口コミも、自分のティンポがその場に居合わせた状態をイメージしてみることが大切です。
上質なレストランの口コミが食欲をかきたてるように、自分の性癖にマッチした風俗店の口コミは、情景を想像しながら読んでいるうちに不思議と軽勃起させられるもの。
股間の茶柱が勃ったとき勝利は約束されたも同然なのです!

疑い深い人ならうまし!
人を見たら泥棒と思うように、風俗口コミを見たらステマと思うくらいの用心深さこそが大ステマ時代を生き抜く秘訣であります。
特に、終始大絶賛している口コミが匿名掲示板に上がったら、相当疑ってかからねばなりません。
想像してみて下さい。自分がそこまで絶賛するほどの風俗嬢に出会えたとして、それをわざわざ見ず知らずの変態ライバルたちに広めたりするでしょうか?
競争相手を増やすことは次回予約が取りにくくなる、嬢のランクが上がってプレイ料金が高くなる、嬢が調子に乗ってクソ接客をかましだす、ストレスでホスト狂いになるなど、まさに百害あって一理ナシ。
宝の山を見つけたら、それを独占したくなるのが人情というものです。
ですから、大絶賛の口コミで得をするのは誰か?と考えたとき、真実はいつもふたつ。
そう、お店か嬢本人をおいて他にはありません。
レアケースとして地雷嬢を踏まされたどこかの誰かが、道連れのために大絶賛口コミのワナを仕掛ける可能性もありますが、
地雷接客をかましてきた嬢がさらに儲けるチャンスを口コミを書いてまでわざわざ作るかといえば答えはノーであります。
かの宮本武蔵は絶対に勝てる勝負しかしなかったからこそ、生涯無敗を貫けたといいます。
風俗はギャンブルだなどと叫んで自ら死地に赴くのは風俗ファイターとしてはまだまだ、正直白帯贈呈です。
セコさ上等。いかに安く気持ちよくなるかが風俗遊びでは正義。
変態紳士は臆病なくらいでちょうどいいのです。

安く遊びたいならうまし!
風俗口コミというと嬢がかわいかったとか、オッパイが大きかったとか、どうしても嬢の話題中心になりがちですが、
風俗情報サイトや個人ブログには、お得な割引情報やキャンペーン情報が載っていることもありますので、
お安く遊びたいときは、そのあたりにも目を光らせておきましょう。
ただ、個人ブログの記事は数年前のものでも平気で検索に引っかかってきますので、お得と思って飛びついたらすでに終了していたなんてことは珍しくありません。
焦るヘルスは射精が少ないの精神を忘れずに、ウマイ情報を見つけたときこそ、まずは冷静に記事の日付をチェックしていこうではありませんか!

以上の考察から、想像力豊かで疑り深い買い物上手こそ、風俗店口コミの申し子であるという結論に至りました。
上記性癖に心当たりのある方はとりあえず風俗店の口コミを熟読し、セコく賢く気持ちよく生涯無敗の風俗ファイターを目指そうではありませんか!

風俗店の口コミのある地域(都道府県)

風俗店の口コミQ and A

今やあらゆる商品やサービスと、口コミは切っても切れない間柄。
広告とは違い同じユーザー目線で語られたリアルな情報をゲットできるので、使いこなせればこれほど心強い味方はないのです。
しかし、口コミというのは良くも悪くもアバウトな情報伝達手段であり、情報発信者および伝達者の主観によって、
いくらでも捻じ曲げられる可能性があることは念頭に置いておかねばなりません。
ここでは、風俗店の口コミを使いこなすためのQアンドAをご紹介致しましょう。

Q.風俗店の口コミってどこで見られるの?
A.一昔前は風俗情報誌、男性誌、タブロイド系の夕刊紙などでよく見られました。
特に風俗情報誌には口コミ投稿コーナーが設けられていることが多く、常連投稿者の情報はその精度に一目置かれていたものです。
紙媒体がネットに取って代わられるにつれ、風俗口コミの主戦場も情報サイト、匿名掲示板、個人ブログといったものに移行。
これらはどれも一長一短ありますので、深く狭くよりも広く浅く万遍なく情報をゲットしていくのがオススメです。
風俗遊びでそんな面倒な作業を強いられるのはいかがなものか?というしごく真っ当なご意見もありましょうが、いつまでもそんな昭和なことを言っていては新世紀の風俗バトルで生き残ることはできないのです!
今後、風俗店の写真修正技術はますます発達していきますし、料金システムも複雑怪奇なものが採用されていくことでしょう。
貧乏クジを引かされるのはいつの時代も情報弱者であることを忘れてはいけません。情報を制するものが風俗を制すのです。
紙媒体と違いネットの口コミ情報はタダですし、スマホやパソコンひとつあればいつでもどこでも吟味できる手軽さもバッチグー。
口コミを活用しないのは海図を持たずして大海原にダイブするようなもの。ドザエモンになる結末しか残されていないのです。

Q.風俗店の口コミは自宅で見れるの?
A.風俗店の口コミはネットにいくらでも転がっていますので、ネット回線とパソコンもしくはスマホさえあれば、自宅でいくらでもチェック可能。
ただし、嬢のエロスな写真が多用されている情報サイトは通信量が多いので、定額制の回線契約、いわゆる使い放題プランでないと速度制限や追加通信料がかかりデンジャー。
特にスマホは定額プランであっても通信制限が容赦なくかかるので、画像が多いサイトはパソコン、掲示板など文字データ中心のところはスマホなど、適材適所でデバイスを使い分けていきましょう。

Q.オマンマンは見られるの?
A.オマンマンは……見られません!
風俗の口コミュニティであわよくばオマンマンを見てやろうというアグレッシブさは買いですが、残念ながらオマンマンは見られません。
しかし、オマンマンに関する情報ならいくらでも見ることができるのです!
風俗ファイターにとって狙った嬢のオマンマンがどのような色、形、香りをしているかはぜひとも抑えておきたいポイントですから、
気の利いた口コミ提供者であれば、当然オマンマンにも言及するはず。
ただ、嗅覚の敏感さは人それぞれですし、嬢の体調によって変わってくる点は注意が必要。
不特定多数から匂いに関する情報が寄せられている嬢は、常日頃から安定してデンジャースメルを発動している可能性が高いと言わざるを得ないのです。

Q.どの口コミュニティが信用できるの?
A.ズバリ! どの口コミュニティにもホントとウソがイイ感じに混ざりあい散らばっています。
そもそもネットに転がっている風俗店の口コミは、その筋の専門家の分析でも報道機関からの発表でもありません。
あくまでも、風俗を愛する名もなき変態紳士たちの個人的感想であることを忘れてはいけないのです。
特に、口コミのメインになるであろう嬢の顔面やスタイルの評価は、投稿者の趣味嗜好が反映されたうえでアウトプットされていますので、早とちりすると思わぬ落とし穴にハマりデンジャー。
こういったワナにかからないためにも、同じ投稿者のほかの口コミを探したり、あるいは同じ嬢を別の投稿者が評価していないかを見ていく、いわゆる横方向、縦方向のチェックが大切です。
特に、後者の裏トリ作業は重要。
ある嬢に対し複数の変態紳士が口を揃えてカワイイと言っているなら、顔面品質はかなり期待できますし、太め、プヨプヨなどといったキーワードが並ぶようだとブタ度の高さが伺えます。
ただ、チョコザイなお店は複数の口コミュニティに平行して自作自演的に新人嬢の好意的レビューを投下することがままあるので、あまりにも投稿日時や文体、言い回しが近かったら、眉唾度高しと思ったほうがよろしいでしょう。
投稿者の趣味嗜好の分かりやすさなら、個人ブログにかなうものはありません。
ブログ主の過去から現在までの投稿を見ていけば、どんな女性やどんなプレイが好みかは一目瞭然。
そのあたりが自分と似ていると感じたのであれば、そのブログに載っているプラス方向の記事はかなり前向きに捉えることができます。
また、個人ブログは情報サイトと違ってお店からのマネーの流れが少ないので、特定のお店だけがヨイショされるようなチョウチン記事の可能性が少ないのもいいところ。
ただ、そういったユーザー心理の裏を付き、最近は個人ブログを装った業者ブログも多数存在していますので用心するに越したことはありません。
業者くささを消すため、無関係なお店の当たり障りのない記事を混ぜつつ「この子も良かったけど、この間の○○ちゃんにはかなわないですね」などと、
最終的に自分のお店にさりげなく誘導してきますので、個人ブログで同じようなパターンがたびたび見られたら大いに怪しんでいくべきです。
個人ブログよりも業者色が強いのが情報サイトになります。
こちらは、お店から風俗マネーが流れているケースがほとんどなので、クライアントの不利益になりそうな口コミ投稿は載せられなかったり、そのお店から一言言われたら削除しないといけなかったりします。
このあたりは、大人の事情というやつなので仕方ありませんが、裏を返せば、クライアントに関するマイナス寄りの口コミ投稿が長期間掲載されているような情報サイトは、
変なヒイキがない(もしくは投稿のチェックがヌルい)ので、口コミコーナーの信頼度は高いといえるでしょう。
ホントとウソがカオスに入り乱れているものの代表格といえば、風俗匿名掲示板であります。
ルール無用のデンジャーゾーンですから、当然風俗の口コミもあることないこと盛りだくさん。
投稿者のIPアドレスチェックが情報サイトや個人ブログに比べ甘いので自作自演し放題であり、お店や嬢が自らを宣伝するための口コミを書いたり、
逆にライバル店の足を引っ張るためマイナスイメージを植えつけるような口コミが投下されることは日常茶飯事であります。
もちろん、有益な口コミが書かれることもありますが、基本的に匿名掲示板の情報を利用するときは当たるも八卦当たらぬ喪八卦の精神を忘れずに。
匿名掲示板に限らず、どの口コミュニティでもたったひとつの口コミで判断を下すのは極力避けるべきです。
お店や嬢の口コミは3つ並べてみてはじめて、吟味する価値が出ると考えましょう。

Q.気になる嬢やお店の口コミがみつからない!
A.店名だけで検索をかけると、たいていはお店の公式サイトやら風俗情報サイトが上位にヒットするはずです。
口コミを探したいのであれば「店名 体験」や「店名 記事」など検索ワードを変えてみたり、
特定のワードが強く反応しすぎて思うような検索結果に辿り着けないなら、検索条件から外すようそのワードの前に-(マイナス)を付けてみたりと色々試しましょう。
また、特定のサイトがいつも検索結果に出てきて邪魔に感じたなら、グーグルクロームのパーソナルブロックリストがオススメ。
クロームは検索結果をグーグルに送信するからどうのこうのと言う人がいますが、善良なる変態紳士の風俗検索結果をグーグルが知ったところでいかがなものか?
そんなものクソくらえの気持ちで、正々堂々と風俗店をはじめとしたエロス情報を次々と検索していこうではありませんか!
ただ、どうしても個人情報を死守したいのであれば、グーグルと無関係なグーグルクロームことアイアンのご利用も検討したいところです。
いずれにせよ、新世紀の風俗バトルを生き抜くためには、検索テクニックの向上は不可欠。
or検索、not検索、グループ検索などは風俗情報収集イロハのイとして、ぜひとも抑えておきましょう。
そこまでやっても、お目当てのお店や嬢の口コミが出てこないときは、いくつかの理由が考えられます。
1、新店もしくは新人過ぎて、誰も口コミを投下できていない。
2、お店が高級過ぎて利用者が少ないうえに、ほとんどの利用者がネットに口コミを投稿する層ではない。
3、あまりにも不人気過ぎて利用者がいない。
まず、常識的に考えて3はデンジャーです。
口コミを投稿する人は利用者のごく一部ですが、それでも一定期間まともに営業していて口コミゼロというのはあり得ません。
サイトによっては源氏名をボカすこともあるため、嬢個人の口コミが引っかからないのはよくありますが、お店の口コミゼロというのはドが過ぎる不人気店の可能性があります。
続きまして、2のケースもよくあります。
高級ヘルスは一回のプレイ料金が大きいので、いつも以上に慎重な口コミチェックが求められますが、そういう時に限ってなかなか満足いく情報がヒットしません。
そもそも高級ヘルスは利用者が少ない(少ない顧客をリピートさせる経営戦略のところが多い)うえ、利用者の年齢層が比較的高いのでネットに書き込むという習慣がありません。
以上の理由で高級店は得てして口コミの絶対数が不足しがちですが、高級ソープだけは話が別です。
こちらは、ヘルスに比べ知名度が高く営業年数も長いお店が多いので、青天井の高級ソープでもない限り口コミはポロポロヒットするはず。
最後の1に関しては仕方ないので、情報が出揃うのをしばらく待つしかありません。
アグレッシブに行くのであれば、匿名掲示板で「○○という新店行ったことありますか?」などと問いかける手もありますが、
業者の自作自演くささ満点の書き込みになってしまうため、残念ながらまともな返答を得られることは少ないでしょう。

風俗店の口コミ用語解説

地雷(ジライ)
手抜きや質の悪い接客をかましてくる嬢のこと。
ヒッソリと埋まっていて、意気揚々と突撃してきたお客の精神とお財布に大ダメージを与えることからこう呼ばれる。
サービスにはプレイ内容だけでなく愛想の良さや気配りなども含まれるので、人によって地雷認定ポイントは変わってくる。
愛想が良くともなぜかゴムフェラをかましてくるヘルス嬢などは、サービス面だけ難アリということでサービス地雷、逆にサービスは良くとも性格面がマイナスなら性格地雷と呼ばれる。
地雷接客をかまされた変態紳士は怒りのボルテージが最高潮に高まっているせいか、地雷嬢を評する口コミは切れ味がムダに鋭く読ませるものが多い。
地雷報告には、俺の屍を超えていけ的な悲壮な思いが詰まっているのである。
ちなみに、ムチャな要求をしてくるような嬢にとって最悪なお客は魚雷(ギョライ)と呼ばれ、
風俗嬢が集う匿名掲示板では、夜な夜な地雷嬢たちによる魚雷報告会が開かれている。

パネマジ
パネルマジックの略であり、お店が嬢のプロフ写真に魔法のごとき修正をかますこと。
プロフ写真とは悪い意味で似ても似つかない嬢が眼前に出現したとき、この言葉が登場することになる。
お店も商売なので、その商品をよく見せようという気持ちは大いに理解できる。
しかし、7を10にするならまだしも、1を10にするのはいかがなものか?
プロフ写真は変態紳士と風俗店の架け橋的存在なので、ここにドが過ぎる修正をかますのは両者の信頼関係を損なうことに繋がる。
今はパソコン一台あれば素人でもカンタンに修正作業を行えるので、お店の規模に関わらずパネマジは必ずあると思っておいたほうがよろしい。
3割増し程度のパネマジは笑って許せるようでないと風俗ファイターとしてはやっていけないので、嬢と対面する前に3割引きの嬢が現れることを事前に想定しておく精神的受身も大切なテクニック。
幸運にもプロフ写真との落差が少ない嬢が出てきたときは「パネマジ度が低い」と表現され、奇跡的に実物がプロフ写真を超えたときは「逆パネマジ(ギャクパネマジ)」と呼ばれる。
奇跡はめったに起きないからこそ奇跡なのであって、逆パネマジ報告が連発されている口コミコーナーは正直胡散臭い。

振り替え(フリカエ)
主にデリバリー系の風俗店で、指名した嬢とまったく違う嬢を送り込んでくる禁断の荒業。
風俗遊びは風俗ファイターと風俗店が胸と胸を突き合わせ、正々堂々と戦う場であるが、
振り替えはそんな両者の信頼関係を損なう行為であり、パネマジとは別次元の笑えなさがある。
指名までにあーでもないこーでもないと吟味した時間も、全てムダになってしまうのだ。
幸いなことに今は口コミで多くのユーザーが情報を共有できる時代なので、振り替えをかましてくるようなお店の評判は一瞬で地に墜ちる。
お店にとってもリスクとリターンが見合っていないので、名のあるお店、営業実績のあるお店であれば振り替えに遭うことはまずないだろう。
ただ、世の中には店名変更を繰り返しつつ、こういった姑息な手段で儲けようとする不埒なお店もまだまだ存在するので、
リスク回避のためにも口コミを活用していきたい。

満州(マンシュウ)
マン臭の当て字であり、オマンマンの香りのこと。
風俗ファイターなら誰もが気になるところだけに、風俗口コミで頻出する単語であり、どちらかといえば負の文脈で登場することが多い。
どんなカワイイ子でも、オマンマンの香りというのは大なり小なりあるもの。
体質的な部分なので仕方ないが風俗嬢は身体が商品であり、特にオマンマンは舐めたりスマタ時にティンポに触れたりとキモになる部分なので妥協は許されない。
マン臭に関する評価は良くも悪くもインパクトが強く、特にマイナス方面のアピール力は絶大。
短い文章でいとも簡単に嬢の商品価値を落とせるので、ライバル嬢を蹴落とすためだったり、微妙接客をかまされたお客が腹いせにそういった口コミを書くことは十分起こり得る。
全体的にボロクソ評価の口コミの中、トドメとばかりにマン臭裁判が行われたら、コイツは匂う!プンプン匂うぜ!とばかりに口コミ全体の信頼性を疑ってかかるべき。

ミラー
ひとつのお店がいくつもの店名を使い営業していること。
振り替えとは一味違うが、こちらもソコソコのセコさを秘めた禁断の荒業。
ミラー店在籍嬢はA店のA子とB店のB子、C店のC子などひとりで複数の嬢を名乗る。
どこかひとつのお店で指名が入れば、その名を名乗りつつ発進するのだ!
お店と嬢はお仕事のチャンスを増やせるのでミラーをやる意味はあるのだが、実際には一人しかいない嬢やお店を三面怪人ダダ的に分身させていくのはいかがなものか?
中でもタチが悪いのは、A店とB店でプレイ料金が変わることがあるケースであり、同じ嬢から同じサービスを受けるのに、注文窓口が違うだけで料金が変わるのはいかがなものか?
ただ、嬢が稼ぎの機会を増やすため、ミラーではなく、まったく関係ない複数のお店に勤務(掛け持ち)していることもあるので、その場合はお店を責めることはできない。
口コミではA店のA子とB店のB子が同一人物であるといった暴露情報がよく見られるので、
ミラーを逆手にとって、狙いの嬢が複数店に同時在籍しているときは最もお安いお店から突撃するのがオススメ。
目には目を歯には歯をセコさにはセコさで戦っていきたい。

風俗店の口コミコラム

口コミはいうなれば書き手の独り言。
そこにチョコザイなルールは存在しませんが、読み手は有益な情報を期待している以上、風俗口コミでは最低限抑えておきたいものがあります。
まず第一に優先すべきは当たり前ですが、お相手をした嬢についてです。
顔面、スタイル、性格、接客態度にテクニックと触れるべき内容はいくらでもあり、中でも顔面とスタイルは各人の好みが大いに反映されるところ。
タデ食う虫も好き好きというように人の好みは複雑怪奇であり、世間一般的にかわいい部類でも、どうしても好きになれない顔面タイプというのは誰にでもあるものです。
ですから、単にかわいいか否かではなく、有名人のダレダレに似た感じといった情報を添えてみると、読み手が具体的に想像しやすくなりグー。
顔面ほどではないにしろ、スタイルもガリ派ポチャ派で評価がブレがちですから、まずは、自分がどちら陣営に属しているのかを宣言したうえで、おもむろにスタイルについて語りだすとイイでしょう。
プロフに全身写真があれば、それと比べてどうなのか書いておくと、客観的判断がより下しやすくなるはずです。
性格や接客態度は好みに左右されないうえに、プロフからは読み取りにくい情報。口コミの目玉となる部分です。
性格はおっとり、サバサバ、甘えん坊、ぶりっ子、クールといったもののほか、プレイに関するS系M系情報まで抑えておくとバッチグー。
恋人接客のお店であれば前者が、お仕事系であれば後者がより重視されるでしょう。
風俗嬢は接客業ですから、接客態度は見た目以上に大切。
どんなにカワイイ嬢でも態度が悪ければ地雷嬢ですし、見た目がソコソコでも接客態度抜群ならアタリ嬢になり得ます。
世の中、ブス専デブ専はいてもクソ接客好きはいませんので、接客態度の良し悪しはあらゆる変態紳士の満足度に直結する最重要パラメータ。
口コミを書くときも読むときも、この情報は漏らさないよう心がけたいところです。
狙いの嬢が予想外のクソ接客嬢だったことが判明したときは、無念さをかみ締めると同時に、ムダ金を払って悲しい思いをせずに済んだことを、口コミを投下した名もなき変態紳士に感謝しなくてはいけません。
ただ、ここでひとつ注意したいのは、嬢も人間ですからお客がルール無用の風俗デスマッチを仕掛けたら、相応のクソ接客で反撃してくる可能性が高いというところ。
ドが過ぎる汚ティンポで即尺をお願いしたら断られたのでサービス地雷です!といった破天荒な口コミは参考外なので、他の口コミも当たってみるべきです。
接客態度同様、テクニックの有無も客観的判断が下しやすいもの。
具体的なプレイ内容の描写があればベストですが、普段一発しか発射しない人が二発出せたといったプチ情報だけでも嬢の仕事熱心さが伺えます。
また、口コミで忘れてはならないのがオイニーレポートです。
匂いに対する感度は個人差がありますが、複数の口コミでデンジャー警報が発令されているときは、すでに個人差どうこう言ってるレベルでないことが予想されます。
オイニーレポートは危険回避だけでなく、オイニー愛好家にとってはプラスの情報として役立つので、ぜひとも見落とさないようにしましょう。
以上の情報が載っていればいるほど風俗口コミとしては一級品ですが、このほか、お店スタッフの対応品質、お得な割引情報、利用ホテルの料金や設備などにも触れられていれば文句ナシです。
一方、頑張って最後まで読みきった結果、何も得るものがない地雷口コミもネットの世界には数多く存在します。
そういう口コミは得てして余計な描写が多く、序盤からイヤな予感をプンプン漂わせていますので、気づいたら早めに退散するのが身のためです。
今日は朝からあいにくの雨模様でしたが、十年来の風俗仲間である○○さんと久しぶりの出撃と相成りました。お互い気合十分で夕方ごろには目的地に到着し、まずは駅前の赤提灯で景気づけの一杯。ここの焼き鳥は秘伝のタレが独特でうんぬんかんぬん。
何だこれは食○ログにでも書いてろと思いながら読み進むと、ようやく風俗店の描写らしきものが出現。
……すでにベロンベロンだったせいか、時間いっぱい小生のムスコはファイティングポーズをとってくれず無念の1ラウンドTKO(涙)。
時同じくして、○○さんは見事良嬢を引き当てて熱いクリンチ合戦を楽しんでいた模様。やっぱり日ごろの行いの差ですかねぇチャンチャン!(笑)。
何だこれはツイッターにでも書いてろとしか言いようがありませんが、残念ながらこういった風俗口コミはけして珍しくないのです。
余計な描写があるのは百歩譲って構わないのですが、風俗口コミでしたら風俗店や嬢の情報は最低限書き漏らさないようにしなくてはいけません。
口コミは親しい人から人への生きた情報の伝達ですから、自分が読み手ならどういう情報が嬉しいか想像しながら書くのがオススメ。
変態紳士はみな兄弟。より良い風俗ライフを共に送るためにも、有益な情報は惜しみなくタレ流していこうではありませんか!