風俗無料動画を紹介!利用する際の注意点など詳しい解説

全国風俗店割引情報
風俗特報最安値の割引でお得に遊んじゃおう!最新情報もリアルタイムで配信。
ヘルス、デリヘル、ソープなど風俗優良店情報を楽々検索。グラビア、動画など女の子の画像も満載、直接メッセも送れちゃう!
風俗特集記事
ソープランド特集記事

風俗動画とは?

5年前の国内ブロードバンド普及率は30%弱。先進国の中ではお世辞にも高いとはいえないレベルでした。
しかし、そこからすさまじい勢いで利用者が増え、今や70%を超えようという勢い。
パソコンを1台以上持っているのが4人に3人ですから、パソコン利用者の90%がブロードバンド利用者であり、
彼らは20年前のアナログモデム回線時代に比べ、1500倍ものスピードでインターネットを楽しめているのです。
世の新技術の普及はほとんどエロ絡みであるというのは、VHSデッキとエロスビデオのセット販売がバカ売れした歴史が証明しています。
多くの人がブロードバンドを導入してまずすることといえば、高画質のムフフ動画鑑賞であることは言うまでもありません。
ネットでお手軽にムフフ動画が楽しめるようになるにしたがい、今まで写真メインだった風俗店サイトにも多くの動画コンテンツが登場。
今や風俗店と風俗動画は切っても切れない関係であり、ブロードバンド時代を生きる変態紳士にとっても欠かすことのできない情報源となっているのです。
風俗動画の役割は主にふたつ、女性紹介とプレイ紹介であります。
前者はプロフ写真の動画版であり、写真では伝えきれない女性の魅力を我々に教えてくれます。
素人でも修正がカンタンな写真と違って動画修正の手間と難易度はケタ違い。
動画をリアルタイムで修正する技術はすでに確立されてはいるものの、
巨額のマネーが動くビッグアイドルのプロモーションビデオレベルで採用される代物なので、
いつフラリといなくなるかも分からない風俗嬢の紹介動画に、そこまでお金をかけて頑張るお店はないでしょう。
ですから、動画に入る修正はせいぜい美肌効果、ソフトフォーカス程度であり、顔面やスタイルを別人に仕立て上げる、いわゆるパネマジをかますことはできません。
修正の入っていない顔面や腹などをチェックできるチャンスなのです。
もちろん、嬢も修正の利かなさは百も承知。
そこをあえてチャレンジするのは、ルックスやスタイルによほどの自信がある証拠です。
ただ、若さ故の過ちというのは往々にしてありますので、本人に自信があるからといってそれが変態紳士の琴線に触れるかは別の話。
プロフ動画をサイトに載せることでお仕事単価が上がったり、給料保障が出たりといった、コチラからは見えない事情が絡んでいる可能性も大ですから、動画を出しているからといってただちに優良物件と考えるのはデンジャーです。
それでも、写真だけの嬢に比べれば得られる情報量は圧倒的に上。
公開されている動画を大いに吟味し、突撃および撤退の判断材料にしていきましょう。
プロフ動画と同じく、風俗店で活用されているのがプレイ紹介動画です。
最近は他店との差別化を図るため複雑怪奇なシステムを導入しているお店が増えており、文字で説明されてもよく分からないこともしばしば。
その点、動画であれば直感的に理解しやすいですし、見るからに気持ち良さそうなプレイであれば実際に体験したくなるのがオトコのサガであります。
そんなわけで、プロフ動画やプレイ紹介動画に代表される風俗動画は、文字や写真とは比べものにならないエロス情報が詰まった宝の山。
これらを使いこなさずして、ブロードバンド全盛時代の風俗バトルを勝ち抜くことなどできないのです!

風俗動画こんな方にお勧め

聞くところによると、1分の動画はウェブサイト3600ページ分の情報量があるらしいです。
なんとも胡散くさい話ですが、少なくとも3枚程度のプロフ写真より1分の動画が情報源としてありがたいのは明らか。
女体の映った動画が目の前にあるならば、迷うことなく凝視していくのが変態紳士のたしなみというものです。
そんな中でも、より風俗動画を活用できるのは果たしてどういったタイプなのか? それを今からご紹介致しましょう。

石橋を叩いて渡りたい人ならうまし!
嬢の顔面やスタイルこそが風俗遊びの命であるにも関わらず、そこにドが過ぎるボカシだの修正だのが入っているのはいかがなものか?
その点、動画には写真ほど過剰な修正を入れることはできませんので、たとえ嬢の顔が映っていなくとも、
輪郭やスタイルなどは実物に限りなく近い雰囲気を得られるのです。
パネルマジックと呼ばれる写真修正の荒業を前に、多くの変態紳士が涙を飲んできたものですが、
プロフ写真と動画の両方をチェックすることで、張り巡らされたトラップを事前に回避することは十分に可能。
丁半バクチだった嬢選びの勝率を、8から9割まで高めることも夢ではありません。

本能に訴えかけるエロスを感じたい人ならうまし!
己の性癖にマッチしたプレイや嬢の動画は、カメラワークや画質がショボかろうとも勃起力(ボッキチカラ)が沸いてくるというもの。
動画は写真や文章より直接的に脳ミソに訴えかけてきますので、理屈抜きでティンポが反応してくれるのです。
幸運にもフルボッキできる風俗動画に出会えたとき、すでに勝利は約束されたも同然。
ただちにお店に突撃するべきでしょう。

雰囲気や性格も重視したい人ならうまし!
人間の魅力を形成する要素の中で、意外とバカにできないのが声と表情であります。
これらは外見と同じくらい、目の前の相手に与える印象を左右するキーパーツ。
男は度胸、女は愛嬌というように、ニコニコと表情豊かな女性は実際の顔面以上に魅力的に映るものなのです。
グラビアアイドルのように写真を見て楽しむだけならまだしも、風俗嬢とは面と向かってコミュニケーションをとるわけですから、
声がかわいくなかったり、表情が死んでいたら魅力半減どころの話ではありません。
その点、風俗動画であれば嬢が醸し出す雰囲気も感じ取ることができますし、自己紹介があれば声も聞けてバッチグー。
女性としてのトータルなカワイサを追い求めハートで勃起していく人であれば、声や表情のチェックを欠かすことはできません。

以上の考察から、慎重派でありながら本能を信じハートで勃起していくアナタこそ、風俗動画の申し子であるという結論に至りました。
上記性癖に心当たりのある方はとりあえず風俗動画を凝視して、脱パネマジ生活を始めようではありませんか!

風俗動画のある地域(都道府県)

風俗動画Q and A

風俗動画をただ漫然と眺めているようではいけません。
そこには数多くのヒントが潜んでいますので、目を皿のようにして毛穴のひとつも見逃さない覚悟でいくべき。
その勢いでこのQアンドAも凝視すれば、風俗動画マイスター間違いナシなのです。

Q.風俗動画って何なの?
A.風俗店がお店のプレイおよび在籍嬢の紹介のために作成している動画であり、たいていはお店の公式ページで見ることができます。
プレイ紹介動画ではお客役に対し、実際にお店で行われるプレイを嬢がかましている様子が収められていますが、
プレイ内容だけでなく嬢の宣伝も兼ねていますので、出演しているのはそのお店の現役ランカークラスであることがほとんど。
どれくらいのレベルの嬢が動画に登場しているかで、お店全体の嬢レベルを察することもできるでしょう。
ただ、動画撮影は百戦錬磨の嬢であっても、身バレのリスクなど心理的ハードルが高め。
トップ層が軒並み動画撮影を拒否した結果、中堅層にお鉢が回ってきた可能性もあるので、動画に出ているからただちに人気嬢と決め付けるのはデンジャーであります。
一方のプロフ動画は嬢が単体で出演しベッドでポーズを決めたり、自己紹介したりするのが基本スタイル。
プロフ動画でも顔出しNG嬢はいますが、口元や輪郭が観察できたり、スタイルの良し悪しが判断できるだけでも十分有用。
声質、しゃべり方や仕草など写真からは得られない情報がゲットできるのもうれしいところです。
動画は写真に比べ身バレのリスクが高くなるので、それを出すかどうかは嬢に一任されていることがほとんど。
それでもあえて、プロフ動画を出している嬢は、顔面やスタイルに自信があるうえにやる気も十分なことが多いので、
動画出演嬢の見た目が気に入ったなら、突撃してみる価値は大いにあります。
いちいち各店のサイトを巡って動画チェックするのが面倒な場合は、風俗情報サイトで探すのがオススメ。

Q.オマンマンは見られるの?
A.オマンマンは……見られません!
公式サイトにモロダシ動画を載せることはワイセツ物陳列罪になってしまうので、そこにはしっかりとモザイクだのボカシだのが入っています。
お店や嬢によっては顔面や乳首まで隠されていたりしますので油断は禁物です。
それでも、プロフ写真では暴きにくいオケツの汚さであったり、
腹のプヨプヨ具合をチェックできるのは突撃前の資料として十分ですから、
オマンマンのモザイクに気を取られ、肝心な部分を見落とさないよう注意してください。
嬢のオマンマンはショートケーキのイチゴ的存在、実際に会ったときの楽しみに取っておけばよいのです。

Q.スマホでも見られるの?
A.パソコンでもスマホでも見ることができますが、いわゆるガラケーと呼ばれる携帯電話では見れない動画が年々増えています。
動画や音声を再生するためにはコーデックと呼ばれるプログラムファイルが必要ですが、
高画質の動画規格に対応したガラケー用のコーデックは2016年に開発がストップしてしまったからです。
その点、パソコンとスマホはadobe flash playerさえあれば、ほぼ全ての動画が再生可能。
タダで使えるうえに導入も簡単です。

Q.料金はいかほどなの?
A.見るだけならタダです!
お店や嬢にとって風俗動画はあくまでも宣伝ですから、ここでお金を取るのはいかがなものか?
ただ、お店の公式サイトではなく怪しいサイトで動画を視聴した場合、不当な請求が来る可能性はゼロではありません。
エロスにはホイホイ近づいても危うきに近づかないのが変態紳士の掟ですから、現実世界でもネットでも怪しいところには近づかないようにしましょう。
視聴にお金はかからないといっても通信料はもちろん発生しますので、特にスマホの従量制プランで視聴する場合は要注意。
無料使用分を超えてしまうと追加料金が発生したり通信制限がかかったりしてしまい、リセットがかかるまで、まともにスマホでネット利用ができなくなってしまいます。
風俗動画を見過ぎたあまり、肝心な時にネットに繋がらないのは人としていかがなものか?

Q.嬢の紹介動画はどこを見るといいの?
A.もちろん顔面とスタイルのチェックが最優先であります。
たとえ顔にモザイクがかかっていても、輪郭や首などは確認できる部分はいくらでもあるので諦めてはいけません。
人間、特に女性の顔面は下半分が命といっても過言ではありませんので、口元やフェイスラインは重点的に見ておきたいところ。
アイメイクの進化は凄まじいものがありますので、目元に関しては元がどれほどウンチでもソコソコかわいく見せてくれるので大丈夫。
化粧でごまかしているのは詐欺くさいというしごく真っ当なご意見もあるでしょうが、一期一会の風俗嬢のスッピンなどどうでもイイのです。
メイク後の顔面だけを全力で楽しんでいこうではありませんか!
一方、口と輪郭はメイクでどうこうするのに限界がありますので、素材の良し悪しが大きくものを言います。
さらに、ドが過ぎる年齢詐欺を回避したいなら、首と手の甲にも注目しましょう。
これらはほぼ一年中外気に晒されているにも関わらず、顔ほどしっかりケアされず肌も薄めなので年齢がズバリ出やすい部位。
プロフ年齢の割にココのシワが目立つようだと要注意であります。
このほか、背中やオケツなどプロフ写真でチェックできない場所が動画に映っていればオデキなどないかもチェック。
特に嬢のオケツが汚いとこちらのテンションも尻すぼみ必至。妥協は許されません。
女性は男性に比べ冷え性体質なうえに下着の締め付けも強く、オケツニキビが発生しやすい環境。
さらに、嬢は日ごろのストレスを溜めやすいとくれば、いよいよデンジャー度は高まるばかりでしょう。
顔のニキビとオケツニキビは連動しませんので、顔がキレイだからといって油断は禁物です。
自己紹介風の動画であれば、声質や話し方を知ることができます。
顔面は好みでも話し方が好きになれなかったり、ノーマークだった嬢の声が意外に良かったりと、
思わぬ発見がありますので、音声入りの動画であればぜひ音を出してみるべき。
風俗動画全般で気をつけたいのは、いきなりエロスな音が飛び出す可能性があるということ。
まともなお店ならデフォルトで音声オフになっているはずですが、一切気にしない破天荒なお店も少なからず存在します。
嫌がらせのつもりはもちろんないでしょうが、変な音が出たらマズイ状況では風俗動画に近寄らないのが鉄則。
どうしても見ずにいられないときは、ハード側で音声をオフにしておきましょう。

風俗動画用語解説

アクションカム
一人称視点のチョメチョメ動画、いわゆるハメドリ風動画撮影を身近なものにした影の功労者。
片手に持ったり胸に装着したりするハンディカムと違って、顔やアタマに装着できるので、両手がフリーになるうえに視線とレンズの向きがリンクしやすいのは大きなメリット。
両手でオッパイをモミモミしたりテマンしたりするシーンを、迫力の一人称視点で捉えることができる。
もともとジョギングやサイクリング中の使用を想定しているので、手ブレ補正や防水性能に優れるのもチョメチョメ撮影向き。
最先端モデルの画素数はフルハイビジョンの4倍にあたる4Kとなっており、アナルのシワまでバッチリである。

一人称視点体験動画(イチニンショウシテンタイケンドウガ)
一人称視点で実際のサービスを受けている様子を捉えたプレイ紹介動画の一種。
三人称視点に比べ臨場感あふれるものが多く、嬢の顔面やオッパイを至近距離で拝めるのは嬉しいところ。
ただ、撮影距離の関係でレンズが広角に寄りがちで、嬢本来の全体像を掴みづらい欠点もある。
それを逆手に取り、トータルではイマイチだが口元やオッパイだけは一級品といったパーツ美女に使われることが多いので、
チョコザイなゴマカシのためにあえて一人称視点が使われていないかを慎重に見極めていきたい。

PeerCast(ピアキャスト)
日本における配信サイトの草分け的存在。ペカの相性で広く知られている。
YouTubeがまだなかった時代、配信といえばピアキャストであった。
しかし、導入のハードルが若干高いせいで新規ユーザーの流入が鈍く、今ではインターネットの限界集落と呼ばれるありさま。
エロス配信オーケーなので風俗との親和性は抜群だが、そもそもユーザーが少ないので宣伝効果は期待できない。

方言プレイ(ホウゲンプレイ)
方言でしゃべり、アエギ、言葉攻めするプレイのこと。
2005年頃に地味に起こった方言ブームが、連続ドラマあまちゃんのヒットで2013年に再燃。
今まで隠していた方言を接客の武器として駆使しだす風俗嬢が、特に関東圏のお店で数多く見られるようになった。
方言は響きが新鮮なうえ、いかにも素人とチョメチョメしている感が出てバッチグー。
ただ、方言ガールであることがプロフでアピールされていないことが多く、実際に会うまで分からないのはモッタイない。
お店や嬢は風俗動画でどんどんアピールしていくべきである。

YouYTube(ユーチューブ)
今や知らない人はいないユーザー数世界一の動画投稿・共有サイト。
2007年に日本語バージョンが登場したのをきっかけに日本人投稿者が急増し、国内でも利用者が爆発的に増えた。
当時は動画削除のガイドラインやアルゴリズムが甘かったせいか、
最新映画やアニメが丸々一本上がるのは日常茶飯事で、訪れる人の大半が違法動画目当てという無法状態。
風俗店も無料の宣伝媒体として大いに活用、体験動画や在籍嬢紹介動画がバシバシ上がる熱い時代だった。
今は著作権侵害やエロスの取り締まりが厳しくなっており、カオス時代をしのばせる動画はほとんど残っていない。

風俗動画遊び方と注意点

一昔前の風俗動画といえば映像が暗く不鮮明なうえ動きもカクカクで、正直参考にならなかったものですが、
撮影機材とネット環境の進化により、今は突撃前の参考資料として十分にその役目を果たしてくれています。
ここでは、風俗動画をいかに利用していくべきかを見ていきましょう。

脱パネマジ生活への道その1「動画を探すべし」
一昔前に比べ動画コンテンツを用意するお店が急増。
今までは写真修正のワナ、いわゆるパネルマジックを見破る能力こそが変態紳士に求められるものでしたが、
新世紀の風俗バトルを生き抜くには、写真だけでなく動画を見る目も養わなければいけません。
幸い、パソコンひとつあれば簡単に修正できる写真に比べ、動画修正は機材的にも時間的にもまだまだ困難。
しかし、デジタル技術の進歩は日進月歩、そう遠くない未来に、動画修正がお手軽にできる時代が訪れることでしょう。
ですから、風俗動画が嬢の顔面や腹をリアルに映し出している今この時こそが、変態紳士にとってのビッグチャンスといえるのではないでしょうか? どうですかお客さん!?
ただし、ネットの海には風俗動画がゴマンと漂っており、闇雲に探していてはガマン汁も枯れ果てるというもの。
風俗情報サイトであれば、動画がカンタンに見つけられますので、最初はそこから吟味していくのがオススメです。
情報サイトに動画を一本でも出しているお店なら他の動画も期待できます。
気になる動画を出しているお店があったら、公式サイトに行ってさらに調査を進めてみましょう。

脱パネマジ生活への道その2「外見を凝視すべし」
見ているだけで満足できるハイレベルな風俗動画が増えましたが、
実際にお店に行って動画内の子とチョメチョメするのが最終目的であることを忘れてはいけません。
色々な動画を見たくなる気持ちも分かりますが、それでは時間がいくらあっても足りないので、
できるだけご予算や性癖にマッチしたお店の動画だけに絞るのがイイでしょう。
動画を比較するときは、同一店舗内のものでするのが基本。
別店舗のものは撮影機材や環境が異なるので、比較する意味は薄いです。
前述のとおり動画は修正をかけづらいので、写真に比べれば顔面やスタイルは実物に近く映っているでしょう。
それでも、身体をくねらせることで腹を細く見せる、下からのアオリで小顔脚長に見せる、影を作って全体を細く見せる、
髪型で輪郭や頬骨を隠す、顔を斜めに向け顔面を立体的に見せる、ライトを強く当て色白美肌に見せるといった
チョコザイなテクニックはいくらでも使えますので、動画ならゴマカシゼロと思い込むのはデンジャー。
最近のカメラは高性能の美肌フィルターを標準搭載していますので、全体的にノッペリした質感の動画は特に怪しんでかかりましょう。
また、動画は様々な角度から撮影するのが普通ですが、腹やオケツなど特定部位が不自然に映っていないようなら要注意。
なぜか手首を身体の後ろに回していたり、ジャラジャラと大量のブレスレットを付けている嬢はリスカウーマンの可能性がぬぐえません。
加齢ジワ出現三大スポットといえば、首、手の甲、足の甲。年齢詐欺を回避するならココも凝視しておきましょう。

脱パネマジ生活への道その3「内面も凝視すべし」
動画から見えるのは顔面や身体だけではありません。
声、しゃべり方は嬢の人とナリを知る上で重要なヒントとなりますので、音声付き動画のときはしっかりチェックしていきましょう。
人の印象は見た目で決まると思われがちですが、実際は外見5割、声4割、その他もろもろ1割となっており、声の影響力はバカにできないのです。
顔面ヨシスタイルヨシのグラビアアイドルに、声がかわいくないコが多いのは偶然ではありません。
声がイマイチなので、テレビを主戦場にできないのです。
一方、顔面はいたって平凡な声優がアイドルチックな人気を博しているのも、声による印象補正の大きさを物語ってくれます。
声は多少の顔面偏差値なら余裕で覆してきます。
顔面で迷ったら最後は声で選ぶのが勝利への近道なのです。
しゃべり方は、明るく快活であるに越したことはありません。
プロフ動画なのに暗いトーンでしゃべっていたり、あからさまにやる気なさげな嬢を見つけたら、私は地雷ですとアピールしてくれているようなものでむしろラッキー。
語尾がハキハキしている嬢は責め好きタイプ、逆に伸ばす嬢は甘えん坊の受身タイプなので、自分が受けたいプレイに合っているなら迷わずチョイスしていきましょう。
笑う時に歯を見せない嬢は心を開いてくれず事務的プレイに徹することが多め、オマタもココロも開く熱いプレイを期待するなら、歯を見せてニッコリ笑う嬢を選びましょう。
歯並びが極端に悪くて歯を見せて笑えない可能性もありますが、いずれにせよ歯を見せずに笑う嬢を選んで得になることはありません。
このように、動画をひと通り吟味したら満を持して良さげな嬢に突撃です。
基本的に動画を出している嬢はやる気満々なことが多いので、そもそもハズレを引く可能性は低いものですが、
より動画選球眼を高めていけば連戦連勝も夢ではないのです!

風俗動画コラム

ご存知のようにエロスな動画とモザイクは切っても切れない関係にあり、風俗動画においてもそれは同じです。
子供の教育上よろしくないという理屈ならまだ分かりますが、エロス動画も風俗サイトも18禁であり、そこにわざわざモザイクをかけるのはいかがなものか?
世界に冠たるヘンタイ輸出国でありながら18禁コンテンツに世界で唯一消しが入るナゾの国、それがモザイクジャパンなのです。
いったいぜんたい、日本のAVにはいつからモザイクがかかるようになったのか? 答えは最初からであります。
80年代初頭に発売された国内初の家庭用AVは、男女の絡みがまったくないにも関わらず女優のオマンマンに強力な四角いボカシが施されていました。
ちなみに、当時の女優はマエバリをしていますので、ボカシを外してもオマンマンはどうせ見られません。
オケケ一本すら見せない、まさに鉄壁のガードだったのです。
ボカシやモザイクはあくまでもメーカーの自主規制ですが、かけなければワイセツ物陳列罪もしくは頒布罪で100%摘発されるので国内法の下では事実上の強制です。
おまけに、ワイセツの基準はあえて明文化されていないのでお上のサジ加減ひとつ。
かくして、AV黎明期は画面の半分以上に常時ブ厚いモザイクがかかり、何をしているのかさっぱり分からない作品が数多く生み出される、なんともお寒い時代となりました。
目新しさでどうにか頑張っていたAV業界でしたが、さすがにそれが続くと売り上げは下降線の一途。
90年代中ごろになってようやく、このままではマズイと思ったメーカーによる薄消し革命が起こります。
ルームサービス、宅配コギャルといった、今もなお語られる伝説的AVシリーズが生まれたのもちょうどこの頃。
80年代とは打って変わって各社が攻めの姿勢を見せ、業界全体の売り上げはウナギのぼりとなっていったのです。
ギリギリモザイクは大きさと薄さどちらも限界まで攻めてはいたものの、肝心なところは全て隠れていました。
しかし、モザイクの向こう側を想像させるには十分だったことが、見えそうで見えないを愛する日本人のチラリズム性にクリーンヒット。
業界の足枷だったモザイクを、妄想の翼を広げる踏み台に利用した逆転の発想は、お見事としかいいようがありません。
そんな薄消し革命から早20余年、オケケやオケツがモザイクの下から解放されたり、ビデ倫が消滅したり、ネット視聴が主流になったりとAVを取り巻く環境も大きく変わりました。
しかし、モザイクの大きさ薄さはあの頃からほとんど変わっていません。
モザイクが邪魔という意見も根強いですが、想像の余地がある方が物事を長く楽しめるもの。
見えない部分があることで、逆に見たいという欲求が掻き立てられ、それが熱い勃起力(ボッキチカラ)に繋がることもあります。
AVというエンタメの中では、モザイクはけしてマイナスに働くことばかりではないのです。
モザイクとうまく付き合う必要があるのは、風俗動画においても同じです。
風俗動画ではオマンマンはもちろんのこと、嬢の身バレ防止のため顔面全体や目にモザイクがかかることがよくあります。
ただ、0を10にすることも白を黒に変えることもできた写真修正と違って、動画のモザイクは素材そのものの上に薄いベールを掛けているだけ。
モザイクジャパンのAV生活で日ごろ鍛えてきた眼力を駆使すれば、その裏側にある顔面品質を見極めるのはそう難しいことではありません。
風俗動画全盛時代の訪れはモザイクに慣れ親しんできた変態紳士にとっては、まさに千載一遇のビッグチャンス。
一足先に風俗動画のモザイク破りを極め、ライバルに差を付けようではありませんか!