風俗店ランキングを参考にお店や指名する風俗嬢を探せばハズレなし

全国風俗店割引情報
風俗特報最安値の割引でお得に遊んじゃおう!最新情報もリアルタイムで配信。
ヘルス、デリヘル、ソープなど風俗優良店情報を楽々検索。グラビア、動画など女の子の画像も満載、直接メッセも送れちゃう!
風俗特集記事
ソープランド特集記事

風俗ランキングとは?

うまいラーメン屋ランキングに売れ筋家電ランキング、泣ける映画ランキングなど世の中見渡す限りどこもかしこもランキングだらけ
これは日本だけの現象ではありません。
人間は物事を相対的に判断する生き物
複数の選択肢がある場合、どちらがより優れているかを格付けせずにはいられないのです。
ただ、価値観は人それぞれですから、そうカンタンに白黒付けられるものばかりとは限りません。
それを、多数決という、ひとまず誰もが納得できるカタチに落とし込んだものがランキングであります。
ミシュランガイドのような独断と偏見パターンもありますが、
どんな利害関係が潜んでいるかを外野から察することはできませんので、
より多くのユーザー評価が反映される多数決制の方が、安心度は一枚上と見ていいでしょう。
風俗店関連のランキングで、もっとも目にする機会が多いのが嬢のランキングであります。
どのお店サイトにも、本指名ランキングは必ず載っており、これは嬢選びの大きな参考になります。
上位陣はいうなればお店の看板娘であり、顔面テク接客の三拍子揃っていることがほとんど。
これをチョイスしておけばまず地雷を踏むことはない、お店イチオシの定番にして鉄板メニューなのです。
一昔前はそんなユーザー心理を逆手にとり、不人気嬢をあえてランカーに祭り上げることで善良な紳士を釣るチョコザイなお店も存在しましたが、
悪評は一夜にして広まるネット全盛時代に、一人のお茶挽き嬢のためにお店全体の信頼を失うのは悪手以外の何者でもありません。
まともなお店であれば、指名ランキングは信用に値するものになっています。
指名ランキングに似たもので、プロフページのアクセスランキングを用意しているお店もあります。
これは、指名ランキングより確実性は落ちるものの、プロフ写真一覧において多くの人の目を引いたという意味で少なくともルックス面は期待大。
上位ランカーは得てして接客がソツなくまとまりがちで、何が起きるか分からないワクワク感が少なめ
その点、アクセス上位嬢は荒削りな新人嬢であることが多く、一発ホームランを狙うのであれば面白い存在といえるでしょう。
多くのお店データが集結した風俗情報サイトでも、ランキングはなくてはならないコンテンツであります。
人気度やユーザー評価などで、星の数ほどのお店の中から人気店、有力店をすぐに確認できるのは嬉しいかぎり。
サイトによっては全店横断人気嬢ランキングなどもあり、お店ひとつひとつをチェックする必要がないのもバッチグーです。
これらは、従来のお店選び嬢選びの労力を劇的に減らしてくれるものでありますが、風俗情報サイトのほとんどはお店から広告マネーが流れている点は要注意。
特定のお店および在籍嬢が有利になるよう操作されている可能性はゼロではないので、ランキングだけを盲信するのはいかがなものか?
不自然な工作はサイトそのものの信頼性を損なうので、真っ当なところほど避けるでしょうが、
念には念を入れ、口コミなどと合わせ多角的に分析したうえで最終決定を下していきたいところです。
このように、風俗店ランキングはお店サイトと情報サイトのふたつで見ることができ、どちらも情報源として有用かつシンプルで分かりやすいのが特長。
これらを活用することで、アナタの風俗ライフがより安全確実スピーディーになること間違いナシなのです。

風俗ランキングこんな方にお勧め

多くの時間を費やしてきたお店選びランキングを使えば高速化間違いナシ。
生き馬の目を抜くネット全盛時代を生きる全ての変態紳士にとって、ランキングは必要不可欠なものであります。
そんな中でも、よりランキングを有効活用できるのはどんな人種なのか? それを今からご紹介致しましょう。

忙しい人ならうまし!
結論がズバリ出ている、話の早さがランキングのイイところ。
能書きもなく、とりあえずお店や嬢の優劣がハッキリ示されているのは、時間のない人にとってはうれしい限りです。
ちょっと時間がある時ならトップテンくらいから選ぶこともできますし、それでも手当たり次第に吟味するより大幅な時間の節約になります。
旅行はプランを組んでいるときが楽しいように、お店や嬢を品定めしている時間も風俗遊びの醍醐味でありますが、その時間をプレイに注ぎ込みたい人もいるでしょう。
風俗ランキングを駆使したマッハチョイス&スロープレイこそが、新時代の風俗スタイルなのです。

手堅い人ならうまし!
世間一般で美人と評されているのに自分にはどうしてもピンと来ないこともあれば、その逆もまたしかり。
タデ食う虫も好き好きというように趣味嗜好は人それぞれですから、ランキング上位が必ずしも自分にとっての正解とは言えません。
しかし、上位勢は顔面、テクニック、接客態度を多くのユーザーに認められた証ですから、
ココから選んでおけば、ハズレを掴まされるリスクを限りなくゼロに近づけることができるでしょう。
顔面評価は好みでブレやすい部分ですが、態度がクソであればあるほど嬉しい人はいませんので接客の安定度は高め。
とにかく地雷を避けたい人、特に接客地雷だけはカンベンなという人ほどランキング重視でチョイスしていくべきです。

夢追い人ならうまし!
ランカーは誰もが認める実力者なわけですが、その分、若くして経験豊富、接客がソツなくパターン化しているキライがあります。
メチャクチャな接客をされるよりはイイのですが、何が起こるか分からない一寸先は闇的なスリルも風俗遊びの醍醐味ですから、
上位陣をあえて選択肢から外すために、ランキングを駆使するという逆転の発想もバッチグー。
まだ見ぬ良嬢を発掘するために、全てをオレは賭けてもイイという夢追い人にとっても、ランキングは欠かせないツールなのです。

以上の考察から、忙しく手堅い夢追い人こそ、風俗店ランキングの申し子であるという結論に至りました。
上記性癖に心当たりのある方はとりあえず風俗店ランキングを熟読し、快適ランキング生活を送っていこうではありませんか!

風俗ランキングのある地域(都道府県)

風俗ランキングQ and A

ランキングはシンプルな格付け方式なので、誰が見ても答えは一目瞭然。
しかし、シンプルであるがゆえに、思わぬ落とし穴にハマることもあるのです
ここでは、風俗店ランキングを使いこなすためのアンドをご紹介致しましょう。

Q.風俗店ランキングってどこで見られるの?
A.風俗店公式サイトもしくは風俗情報サイトで見ることができます。
お店サイトで特に注目すべきは本指名ランキング、次いでプロフページアクセスランキングで、これらは嬢の人気を知るためのカギとなります。
ライバルが増えて予約が取りづらくなるといった理由から、良嬢に繋がる口コミ情報はなかなか出てこないもの。
その点、これらのランキングは本指名やアクセスがあればあるほど自動的に上がっていくので、隠したくても隠せない良嬢への道しるべなのです。
お店探しの段階なら、風俗情報サイトのランキングを活用するのがオススメ。
人気度(ページアクセス数)ランキングや満足度(利用者による口コミポイント)ランキングなど、様々な観点から多数のお店が格付けされていますので、とりあえず目星を付けるのにもってこい。
業態、エリア、ご予算などで絞り込めるので、最低限の労力で多くの有力店をチェックすることが可能です。
サイトによっては店舗の垣根を超えた在籍嬢ランキングも用意されていますので、人気嬢を手っ取り早く探したいときはそちらも使ってみましょう。

Q.ランキングは信用できるの?
A.お店のランキングにしろ情報サイトのランキングにしろ、それが正しいという保障はありません
どちらも、サイト運営者のサジ加減ひとつでいくらでも操作できますので。
ただ、悪評が一夜にして広まるネット全盛時代において、目先の小銭を拾うために露骨なペテンをかますのはいかがなものか?
あまりにもハイリスクローリターンですから、メジャーなお店や情報サイトであればあるほど、ランキングの信頼度は高いと見てイイでしょう。
例えば、あるひとりの嬢を稼がせるために、お店が本指名ランキングを不自然に操作したとします。
当然、それによって不利益をこうむる嬢も出てくるわけで、ソヤツから怒りのペテン暴露が匿名掲示板で行われるなど内輪モメの危険性が高まりデンジャー。
嬢ひとりのために他のランカーに辞められでもしたら大打撃ですから、そこまでして、本指名ランキングを操作するメリットはありません。
一方、風俗情報サイトは広告費という名のマネーが流れていますので、特定のお店がヒイキされることも考えられます。
しかし、こちらもあまりに不自然な真似をして、サイトそのものの信頼性を損なうようでは本末転倒。
聞いたこともない新店がいきなり上位に躍り出るような、メチャクチャなランキング操作はまずあり得ません。

Q.風俗店公式サイトのランキングを見る時の注意点ってあるの?
A.あるんです!
本指名ランキングは一定期間内に本指名を取った数で決まりますので、出勤頻度が高ければ高い嬢ほど基本的に有利。
例えば、週7出勤で1日5本中1本の本指名が入るA子と、週1出勤で1日5本中4本の本指名が入るB子では、後者の方がたぶん良嬢ですが、本指名ランキングからはそれを見抜くことはできません。
そんな問題を解決すべく、近年は本指名ランキングに加え、本指名率ランキングを採用するお店が増えてきました。
本指名率は全仕事の何パーセントが本指名であったかを示しているので、さきほどの例だとA子は本指名率20%でB子は80%
見事、B子が上位に来るのです。
ただ、レア出勤嬢は本指名で埋まりやすいうえに、お仕事数が少ないのでランクが伸びやすい点は要注意。
本指名と本指名率ランキングは、その両方をチェックするのが良嬢への近道であり、どちらも上位に入っているようだと優良物件率はグッと高まります。
このほか、リピート率ランキングがあれば、そちらもぜひ確認しておきたいところ。
指名率は本指名だけでなくパネル指名やネット指名も含みますので、パネマジガールや新人嬢は高くなりがち。
その点、リピート率は本指名以外で入ったお客がどれだけリピーターとして返ってきたかで算出されますので、パネマジ嬢や地雷接客嬢が上位に来ることは絶対にありません。

Q.風俗情報サイトのランキングを見る時の注意点ってあるの?
A.あるんです!
風俗情報サイトで見られるのは、主にお店の人気度や満足度ランキングでありますが、
人気度は実際の人気ではなく、情報サイト内のお店ページアクセス数ランキングである点は注意が必要です
広告マネーを多く落としているお店は目立つ位置にバナーがあったり、特集ページが作られていたりして、アクセスを集めやすくなっている可能性大
アクセスを集めることでランキング上位に位置し、それがさらなるアクセスを呼び込むという、正のスパイラルが生まれているのです。
もちろん、お店が広告を出すのは真面目に利益を追求しているからこそで、その結果アクセスランキング上位に顔を出すのはインチキでも何でもありません。
上位陣は資金力豊富な有力店が多いので、安全確実に遊びたいならば大いに突撃していくべきなのです。
満足度ランキングはユーザー評価の平均点で算出されるのが一般的
ユーザー登録が必要とはいえ評価の自作自演はカンタンなので、他と比べ評価数が極端に少ないお店は上位であってもデンジャーです。

風俗ランキング用語解説

鬼出勤嬢(オニシュッキンジョウ)
週7日といった鬼のような出勤頻度を誇る風俗嬢のことであり、レア出勤嬢の対極的存在
昭和のソープやファッションヘルスでは、プレイルームで寝泊りする店泊勤務嬢(テンパクキンムジョウ)がしばしば見られたが、
管理売春に問われるケースがあるので、今日では店泊OKなお店はほとんどない。
基本的に、仕事というのはすればするほど稼げるものだが、風俗嬢はお客さんが付いてナンボ。
フレッシュさを損なう鬼出勤は必ずしも得策とはいえない。
レア出勤嬢と違い、いつでも入れる、消耗が激しそう、接客が雑そうといったイメージを与えやすいので、ドが過ぎる鬼出勤はマイナスに働くことが多い

P指名(ピーシメイ)
写真指名のこと。ピーはフォト(Photo)のピーであり、パネル(Panel)のピーでもある。
ネットにしろ店舗受付にしろ、初めての嬢を指名するときは写真なりパネルなりを参考にするのが当たり前なので、
名前だけで嬢を指名する命知らずでもない限り、本指名以外の指名はだいたいP指名である。
わずかな例外としては実物指名があり、今後は動画指名も増えてくるかもしれない。

フリー泥棒(フリードロボウ)
フリー客をかっさらっていく嬢のこと
外野には一切関係ないが、ほかの在籍嬢からは嫌われる存在。
特定の嬢を指名しないフリー客は、お店にとってありがたいものであるが、
フリー客は未来の常連客なので、適当に扱うのはいかがなものか?
ここでお茶挽き嬢に情けをかけたり、エコヒイキをしているようでは、そのお店に未来はない。
ノーフューチャーである。
デキルお店ほど次につなげられる嬢、辞められると困る成績優秀嬢に優先的にフリー客を託すもので、
店内ヒエラルキー上位嬢がフリー争奪戦の勝者になるのが日常茶飯事である。
さっそうと出撃していく後姿に向け、戦いに敗れ去った地雷嬢たちは、やっかみ半分でフリー泥棒の称号を投げつけるわけだが、
頑張りが認められただけなので実際は泥棒でも何でもない。

ポイント制(ポイントセイ)
本指名、写真指名、ネット指名、ショートコース、ロングコースなど、指名内容やコース内容をポイント換算するシステム
お仕事の量だけでなく質も問われることになり、単に本数を比べるよりも実力が数字に反映されやすい。
お給料はポイントを元に算出されることが多いので、嬢にとっては非常に大切なものである。
ポイント上位陣はフリー客を優先的に回してもらえたり、逆に低いと出勤制限がかかったり、ポイント至上主義の世界はシビアの一言。
しかし、日本人的ナァナァを排除しシステマチックに数字で嬢を管理しているところの方が、嬢のモチベが総じて高い優良店であることが多い。

リピート率(リピートリツ)
フリーや写真指名、ネット指名客が、一定期間内にどれだけ本指名客として戻ってきたかを算出したもの
お店によっては本指名率の意味で使っていることもあるが、本指名率は全お仕事に対する本指名の割合なので厳密にはリピート率とは別モノ。
いずれにせよ、パネマジガールや地雷嬢には絶対に伸ばすことができない数字なので、風俗嬢の総合力を測るうえで大い参考になる。
まさに嬢の努力、ヨダレとオマン汁の結晶である。
ただ、美女が真面目な接客したからといって、リピート率や本指名率がカンタンに伸びるかといえば、そんなことはないのが風俗嬢の難しいところ。
オトコは常に新たなオマンマンとコンニチワしたい生き物なので、よほどのことがなければ同じ嬢に再び入るより未知なる嬢を優先してしまうのだ。
業種やお店のランクによって多少のバラつきはあるが、リピート率10%、本指名率15%で風俗嬢としては平均以上。
リピート率が15%、本指名率が20%を超えてくるのは、押しも押されもせぬエース級である。
そんな世界なので(本来の意味での)リピート率80%とか謳っている嬢がいたとしたら、かなり胡散臭い

レア出勤嬢(レアシュッキンジョウ)
出勤頻度が極端に低い嬢
すぐに予約で埋まってしまうことが多く、有名店のレア出勤嬢は常連客でもないと1年間予約が取れないといったことすらあり得る。
枠の全てが本指名で埋まっても本数自体が少ないので、レア出勤嬢は本指名ランキングには出てこず、本指名率ランキングのみ上位に顔を出すことが多い。
どこからをレア出勤とするかの明確な基準はないが、週あたり10時間未満がひとつの目安
レア出勤嬢は風俗以外の仕事をしているか、学生であることが多く、風俗にドップリ染まっていない点もお客からするとウマシポイントである。
ただ、レア度という付加価値が付いている分、レア出勤嬢は実力以上の人気になりやすいキライがある。
レア度と風俗嬢のクオリティには、そこまで大きな関連性がないことはキモに銘じておきたい
その点、撮影スケジュールの合間などに突如出現する人気現役AV嬢などは、ハイクオリティなレア出勤嬢の代表格。
入りたくてもすぐに目の前から消えてしまう、エロスのはぐれメタルなのだ。

レア出勤詐欺嬢(レアシュッキンサギジョウ)
レア出勤嬢のメリットを最大限に活かすべく、レア出勤嬢を演じているチョコザイな嬢
現役バリバリの風俗嬢でありながら、あえて出勤頻度をセーブするために、複数店舗を掛け持ちしているのがミソである
同じ週6稼動でも同一店舗で連日出勤するのと、6つのお店に週1出勤するのとではお客に対するレア度アピールが段違い。
指名が入りやすく、お店内の評価もウナギノボリとまさにイイコトづくめなのである。
そんなセコいマネは人としていかがなものか?というしごく真っ当なご意見もあるが、掛け持ちはたいていのお店で認められている嬢の権利なので、
クソではあっても悪ではないのが悩ましい。
知らずに入っている分には、レア出勤嬢とチョメチョメできたと喜ぶべきなのだろうが、
嬢は連日鬼出勤しているのと変わらないので、接客が雑になりやすいのは明らかなマイナス要素
最近はネットで同一人物判定情報が流れていたりするので、レア出勤詐欺の疑いがある嬢には極力近づかないほうがよろしい。
限定商法に弱い国民性をついたクレバーな作戦であり、敵ながらアッパレと言うしかないだろう。

風俗ランキング遊び方と注意点

どこかに行ったり何かを買ったりするとき、まずは人気ランキングをチェックするのは世の常識。
風俗店に突撃する前に、風俗店ランキングを凝視するのは変態紳士イロハのイであります。
ここでは、風俗店突撃前にいかに風俗店ランキングをチェックしていくべきか、その具体的な流れを見ていきましょう。

風俗ランキングで良嬢一本釣りの巻その1「お店を探すべし」
都内のデリバリーヘルスは届出のあるものだけで3600弱
1日10店チェックしても丸一年かかるとなれば、ガマン汁も枯れ果てるというものです。
そんなとき、風俗情報サイトの人気ランキング上位をチェックするだけで、有力店をお手軽に絞り込めてバッチグー
エリアやご予算でさらなるフルイにかけ、候補を5〜10店舗程度に絞れれば第一段階終了です。
不自然に下駄を履かされているお店を見抜くために、複数サイトでランキングをチェックして、満遍なく上位に入っているお店をチョイスするとモアベター。
ただ、風俗はお店ではなく嬢に通うものですから、お店の評判がいくら良くてもビビッと来る嬢がいなければ意味はありません。
第二段階として、お店公式サイトに移動して、嬢のランキングをチェックしていきましょう。

風俗ランキングで良嬢一本釣りの巻その2「嬢を探すべし」
お店サイトで見られるのは、本指名ランキング、指名率ランキング、リピート率ランキングなど
まずは、どんなお店にも必ず用意されている本指名ランキングから見ていきましょう。
本指名は一度以上遊んだことのある嬢を再び指名することですから、実力がなければ絶対に取ることはできません
パネマジで伸びる可能性がある写真指名、ネット指名とは説得力が違います。
本指名数はホームラン数のように増えることはあっても減ることはないので、出勤頻度の高い嬢が基本的に有利。
例えば、月25日出勤のA子、20日出勤のB子、5日出勤のC子がいるとして、それぞれの月間本指名数が25、15、10だとします。
1日あたりの平均本指名数はA子が1、B子が0.75、C子が2とC子が優秀なのですが、本指名ランキングではA子の方が圧倒的上位に来ます。
デイリー平均まで律儀に出しているお店はそうそうありませんので、本指名ランキングはできるだけ出勤頻度と合わせて吟味することで、出勤頻度格差を補正することができるでしょう。
ただ、出勤頻度が低い方がレア度の高さを演出できますので、先ほどの例だとC子がA子の2倍、B子の2.67倍優れているかといえば、それはまた別の話。
出勤頻度が高い嬢が本指名ランキング上位にいるのは当然と思われがちですが、コンスタントに本指名を取るのはそれはそれで難しいものですから、
有力店の本指名ランキング上位陣であれば、地雷接客をかましてくる可能性はまずないでしょう。
指名率ランキングは、本指名ランキングに比べると参考にする意味は薄め。
ここでいう指名は本指名だけでなく、写真指名やネット指名も含みますので、接客の良し悪しがズバリ反映されているわけではないからです。
近年はネット経由の指名が増えているので、プロフ写真にどれだけ下駄を履かせられるかが指名率を大きく左右します。
特に、新人で指名率ランキングだけ上位に入っているような嬢は、大型パネマジ新人の可能性が高くデンジャー。
ただ、これが「本」指名率ランキングであれば信頼性は段違い、大いに参考にしていくべきです。
本指名率は全お仕事の中でどれだけの本指名があったかを示すもの。
さきほどのABC子がそれぞれ1日4本のお仕事をこなしていた場合、A子の本指名率は100本中25本で25%、B子は80本中15本で18.8%、C子は20本中10本で50%となり、
本指名ランキングでは下位に甘んじていたC子が、一気にトップに躍り出ました。
本指名率50%はレア出勤であることを加味してもそうそう出せる数字ではありませんので、本指名率ランキング見てC子に突撃した時点で勝利は約束されたようなものでしょう。
本指名率ランキングは本指名ランキングから出勤頻度格差を除いたものですから、よっぽど母数が少ない嬢でもない限り、ランキング上位陣の信頼度は極めて高くなるのです。
最後のリピート率ランキングは公開されていないことも多いのですが、もしも、載っていたら重視していくべき。
リピート=本指名なので本指名率ランキングと混同されがちですが、
本指名率が「お仕事全体のうちの本指名の割合」であるのに対し、リピート率は「本指名以外で入ったお客から本指名を受ける割合」を表します。
ややこしいので、またしてもA子さんに登場してもらいましょう。
彼女が月100本のお仕事をし、そのうち25人が本指名というのは先ほど話したとおり。
すなわち、75人は「本指名以外で入ったお客」ということになりますが、A子が頑張ってサービスした結果、後日、75人中15人が本指名客として戻ってきたとします。
このケースでは、A子の本指名率は100人中25人の25%、リピート率は75人中15人の20%となるのです。
リピート率は新規客満足度のようなものであり、良嬢への大きな手がかりとなります

風俗ランキングで良嬢一本釣りの巻その3「ランキングを吟味すべし」
今まで紹介してきた4つのランキングの中で重視すべきは、
1.本指名ランキング
2.リピート率ランキング
3.本指名率ランキング
4.指名率ランキング
の順になります。
本指名ランキングが出勤頻度に左右されるのは明らかですが、たとえそうであっても本指名をたくさん取れる嬢は、お仕事に対する姿勢、覚悟がそんじょそこらの嬢とは違います。
本指名ランキングだけを信じて突撃するだけでも、地雷を踏む確率はすこぶる低くなるはずです。
ただ、本指名ランキング上位なのに本指名率ランキングに顔を出していない嬢は、ドが過ぎる鬼出勤の恐れがありデンジャー。
こちらは多少の割引が必要になります。
リピート率が優秀な嬢は、どんなお客にも全力でサービスしてくれる可能性が高く、良嬢の香りがプンプンします。
実力はあるのにプロフ写真の映りで損しているといった、隠れ良嬢はたいていココに潜んでいますので入念にチェックしていきたいところ。
なお、本指名率があまりにも高いとリピート率が伸びにくくなりますので、両者は合わせて確認しておくと安心です。
本指名率の高さはリピーターの多さですから、これも風俗嬢の質に直結しているのは言うまでもありません。
一度踏んだ地雷を再度踏みに行きたがる人なんていませんからね!
以上、1から3の本指名、リピート率、本指名率ランキングはどれも風俗嬢としての総合力の高さを如実に表していますので、1つでも入っていればアタリ率70%、複数入っていれば90%は堅いでしょう。
4の指名率ランキングは、正直、プラス面では何の参考にもなりませんが、
ここだけ上位にいる嬢はパネマジの権化か地雷接客の鬼である可能性大なので、確実にスルーできる幸せをかみ締めるべき。
入店直後の新人であれば一考の余地はありますが、ギャンブル要素を排したければ、ひとまず様子見が正解です。
そんなわけで、様々なランキングの意味を理解し吟味することは、地雷回避率、良嬢発見率を劇的に引き上げることにつながります。
合わせて、プロフ写真や紹介文、口コミ情報などもチェックすれば勝利は目の前。
ナンバーワンでオンリーワンなアタリ嬢を一本釣りしてこうではありませんか!

風俗ランキングコラム

「本指名入りましたぁ〜」
この言葉はあらゆる風俗嬢にとっての福音です。
本指名は嬢に様々なプラスをもたらします。
まずは、なんといっても稼ぎの安定です。
フリー客頼みの風俗嬢は、いわば釣り人のようなもの。
糸を垂らしてひたすら待つだけなので、運が悪い日は収穫ゼロということもあります。
その点、本指名客がいる嬢は出勤すれば高確率でお客さんがついてくれますので、稼ぎの計算が立てやすくなりバッチグー。
本指名バックや本指名ボーナスといったプラスアルファもありますので、同じ時間でより多くのマネーを稼げることでしょう。
本指名数は稼ぎだけでなく、店内ヒエラルキーにも大きな影響を与えます。
お店にとって上位陣は多大な利益をもたらすエロスのまねき猫
辞められでもしたらタイヘンですから、ちょっとした意見が通りやすくなったり、フリー客を優先的に付けてもらえたりと、随所に待遇が良くなるのはしごく当然のこと。
特に、フリー客争奪戦で優位に立てるのは、長いスパンで見たときの稼ぎが大きく変わってきます。
新規の接客なくして、本指名を増やすことなどできませんからね。
このフリー争奪戦が平和的に行われているお店は、たいていロクなもんじゃありません。
人類平等か知りませんが、フリーが全嬢順番に回ってきたり、お茶挽き娘に手心を加えているようでは、遅かれ早かれ沈没ルートまっしぐらです。
新規のフリー客はお店にとって命の泉、船を進めるための燃料ですから、実力ある嬢にバシバシ付けることで、未来の常連客に育てていかなければいけません。
風俗店は星の数ほどあります。それはお客にとっても嬢にとっても同じ。
フリーで入った結果クソ嬢をぶつけられたお客は二度とそのお店に来ませんし、頑張りが報われないと知れば良嬢から先に消えてしまいます。
ですから、デキルお店ほどフリー客にはできるだけエースクラスに託し、嬢のやる気を上げつつお客が本指名で返ってくることに期待するわけです
本指名は自分のサービスや人間性、外見などを気に入ってもらえた証ですから、嬢にとってはネット指名やパネル指名とは重みや喜びが違います。
承認欲求が大いに満たされ、ヤル気ゲージアップ間違いナシ。これも本指名がもたらすプラス効果として、けして見逃すことのできないものなのです。
そんな素晴らしい効果があるにもかかわらず、世の中にはあえて本指名であることを隠し、写真やネット指名アピールをするお客が後を絶ちません。
それはなぜか? 答えはもちろん本指名料のケチりにあります。
一般的な風俗店の本指名料はせいぜい数千円、出費総額に比べればそこまで大きくはありません。
しかし、本指名の積み重ねがお給料や店内評価につながる嬢にとって、その一本を逃すダメージはプライスレスです。
数年ぶりでもない限り、嬢は一度でも接客した人の顔はそうそう忘れませんので、
気づかないフリをしていても、内心ガッカリ、やる気はドン底一直線。
わずか数千円ケチったばかりに、本来受けられるはずだった良質なサービスを逃すようでは本末転倒です。
本指名はお客が考えている以上に嬢にとっては大切なもの。
今日もいいサービス頼みますぜ大将の意味を込め、正々堂々と本指名していくのが結局は正解ルートなのです。
単に稼ぎのためだけでなく、冒頭のセリフを聞くためにお仕事を頑張っている嬢はたくさんいます。
リピートしたくなるほどの良接客をしてくれた嬢の奮闘に、数千円のケチりで応えていくのはいかがなものか?
変態紳士たるもの、ナイスサービスにはナイスマネー&ナイスボッキで報いたいものですね。