あ~イク 恋愛生欲情の扉 北海道・すすきの(札幌) | ヘルス | マニアxフェチ
名前 宝乃ありな(26) 写メ日記一覧
宝乃ありな
あした 、あさって 、しあさってくらい ら、やせる、たぶん〜
2019-12-14 11:59:03
宝乃ありな
おはよう、いもこだよいもこ、いま、おーきーたーいも食べたいところで、ハーゲンダッツの紫いもは、もう発売しないの ないもとぎょうざとたぴお あればいきてけるいもくさい
2019-12-14 11:53:07
宝乃ありな
ドクターありこの動画しろくて、やわら くて、あまそう!おやすみなさいナルシスト
2019-12-13 23:28:32
宝乃ありな
昨日、遊んでくれた皆様ありがとうございました!日記みて会いに来てくれた人が、何人 いて、「デリの時代 ら知ってる ら、ずっと会いた った」と言ってくれたお殿様もいて、感謝感激そしてタイトルですけど、私が住みたい場所!昨日、あまり話したことないスタッフさんと、話す機会があったんですけど、沖縄に住んでたことがあるらしいんですよ。わたし、沖縄は、子供の頃に家族旅行で行ったんですけど、失礼ですけど、食べ物がまず った記憶がある(笑)でも、景色がとても綺麗だったので、またいつ 行きたいですねーあとすごく鮮明に覚えてるのが、 動販売機の近くにめちゃくちゃ小銭が落ちてたの!w姉ちゃんと一緒に宝さがしみたいに、小銭を拾いまくった記憶があるwwwだ ら沖縄の人ってもし したら、めんどくさがりで小銭をおとしても拾わないの な、と思いました(笑)いや、それにしても、100円玉と だよ?!あれは、いったい、なんだったの (笑)もったいないwたまたま もしれないけど、それにしても、落としすぎだよw結論「沖縄の人は、めんどくさがり」そして函館は、いままでの人生の中でめちゃくちゃ大好きだった元 レと一緒に旅行に行ったことがあるのです。たのし ったなー。富良野はしんゆう3号と一緒に旅行に行ったことがあります。たのし ったなー。みなさんはどこに住みたい?わたしはやっぱり北海道 らは出たくないですね。一度だけしんゆう四号とグアム行ったことがあるんですけど、わたしはやっぱり日本人、北海道が好き、ですねー。
2019-12-13 16:14:23
宝乃ありな
待機してたら、こうほうのスタッフさんがタピオ くれた受けとりました、ありがとう。ラストまで頑張ろう
2019-12-12 19:35:44
宝乃ありな
何 オバケががとりついてるの なーと思うくらい、重たいんですよね〜そんなワタシが、腰を激しくふりたくなるようなセクシーなお殿様、17時 らお願いします!いま餃子食べた らスタミナ満点の
2019-12-12 14:27:57
宝乃ありな
ラメがすき〜。すき〜。使う色なんて結局同じ色ばっ りだけど、それでも眺めてるだけで幸せ〜wおはよう姫だよ
2019-12-12 11:23:33
宝乃ありな
なんでだろうって思っちゃう色んなことが気になって仕方ないあれなにこれなにそれなにえーそれは、いったい、どうゆうことなのって、なんでも んでも、ずけずけと、幼稚園児 wwwでも「聞き上手だね。ぜんぜん嫌な気持ちにはならないよ。俺、本来は口下手なのについつい喋っちゃう」ってほんしのお殿様に言われて嬉し った!それにしてもあまりにも 分のこと話さない男の人と 、無口な男の人だと、わたしも、無言になるよ(笑)喋れるってことは、相性がいいんだよ。さーて、稼ぐぞ永遠の子供の
2019-12-11 16:57:19
宝乃ありな
リンコとサヨコは、その日ふたりで飲んでいた。べろんべろんに酔っぱらって、ナンパしてきた男たちに、ついていった。宅飲みしようと誘われ、マンションについていくと、マンションの中に、マッチョな男たちがいた。サヨコはとても嫌な予感がした。その予感はもちろん正解で、リンコが 奥の部屋に連れて行 れ色んな男にマワされている。だけどリンコは嫌がってる感じでもなく、あえぎ声を出している。ぽつりと残されたサヨコはリンコのあえぎ声を聞きながら、あー、このあとは私 しらと思った。ふと、気配を感じて、振り向くと、オタクっぽい男が、体育座りをしながらスマホをいじり、スルメを食べている。奥の部屋に消えていった派手でマッチョな男たちとは、どう考えても種類が違う男である。サヨコがその男に話し けてみた。「ヤッホー。飲んでる?」「飲んでないけど」「けど?」「え?」「え、なに?」「なにが?」「あっ、なん 、どうしよ。わたし、ここまでコミュニケーション取りずらい男と話すの初めて も。やっべぇ、うっぜぇ、疲れる」「俺のこと?」「うん。あ、なん 、やっと伝わったね」「ああ。何 ?」「何 って?」「何 、俺に用?」「用はない、 な」「あっそ」なんだろうこの変な感じ。この手応えのない感じ。なん 涼しい感じ。するすると言葉が わされていく感じ。コンニャクに向けて喋っている感じ。なんだろう。エイリアンと 何 と喋っているようで、異世界に連れて行 れるような、いま、奥の部屋 ら、うるさいくらいに響いてるリンコの喘ぎ声を消し去ってくれるような、手に持っているグラスの感触まで消し去られそうな、そんな気分になる。「ねぇあんたってオタクなの?」「違うよ、俺は」「俺は?」「はい?」「俺は、何なの?」「俺はオタクではない、という意味だよ」「はあ」お前本当にオタクじゃねえの よオタクなんじゃねえの よ違うの よ違うんだったらいきなりオタク って聞 れて驚いた もしんないけどだってオタクに えるよこの場にいるべき男には えないよなんだよお前オタクじゃねーならエイリアン よなんだよお前と、突っ りたくてたまらない気持ちを胸に秘めながらサヨコはポー ーフェイスを装った。「ねぇ、なんつー 、まぢごめんってゆー 、なんつー 。オタクって言った ら怒った?」「いいよ。俺はもう君の言葉を音符として捉えることにした ら」「ほう」「まあ、君に音符の話と しても、伝わらなそうだけど」「わたし三歳 らピアノやってたよ!とうの昔にやめたけど」「なんでやめたの?」「なん 」「うん」「ピアノの中に死体が入ってる気がして」「へえ」「変だよね」「変なの?」「変じゃない?だってなん 、そうゆうこと考えてるガキって、きもくない?」「普通に起こりうることだよ。ピアノの中に死体があっても、不思議なことではないよ。君は、変と 、オタクと 、世間的な尺度でし 物事を測らないんだね」「はいはいはいはい。すいませんねー、はいはいはいはい」 鬱そうな顔をする彼に、また申し訳ない気持ちになる。私はなぜ、人を不愉快にさせてしまうようなことをしてしまうのだろう。私は、私が、はいはいはいはい。すいませんねー、はいはいはいはい。と言えば、彼が不愉快になる もしれないと知っていた。それでも言ってしまった。言わずにはいられない。彼のことをオタクと言いたいし言ってしまう。オタクきめーんだよ、なんで、ここにいるんだよ、きめーんだよと、ば にしたくて仕方なくなる。これはもし したら彼のことが好きすぎて、彼のことをいじめたくなる心理だろう 。そう気付いて、サヨコは頬を赤らめる。こりゃー普通の嫌がらせよりも、ずっとタチが悪い。何しろ、嫌いじゃないし、嫌われたくないのに、いじめたくなるのである。彼は、なぜここにいるんだろう。あの中の誰の友達なのだろう 。どうゆう繋がりなのだろう 。あの中に彼と仲良く出来る男がいるのだろう 。あの中に、このテンションの男と仲良くしたいと思える男がいるのだろう 。想像出来ない。 「あんたは女に興味ないの?」「何?君はヤリたいの?俺と」「んー、あー、ごめん、ちょっと無理っすわ。勘弁してほしい、オタクは」「俺もギャルは嫌いだ」ゆったりとした空間。ゆったりとした口調で喋る男。やはり彼はエイリアンなの もしれない。別室 ら、女の子の悲鳴が聞こえてきた。どうやら、リンコの他にもマワされてる女がいるようである。「犯、されてるの な」「だろうね」「だよね」「そうゆうことだって知ってて、来たんじゃないの?」「私は知らな ったよ」「知らな ったの?こうなるって想像出来な った?」「出来な った」「無知は罪だ」「え、なに?むち打ちの刑が罪?あの子たち、むちで打たれてるの?」「……そうだね」めんどくさそうにそうだね、と流す彼に、殺、意を覚えた。なぜこんなにも私はこのオタクに絡みたくて仕方なくて、このオタクに構ってほしくて仕方なくて、このオタクに、こっちを てほしくて、たまらなくて、このオタクに殺、意を抱きながら、ポー ーフェイスを装っているのだろう。「私も犯、されるの な」「あー、君は…………」「なに?なんで黙るの?私は可愛くない ら犯、されないと 言いたいの?」「いや、君は可愛い ら、間違いなく、このあと犯、されるよって言いた ったんだよ」「あー、嬉しくない。やだ」「やなの?」「やだよ。犯、される、わーい、って思えるわけなくない。私は可愛い ら、このあとマワされる、わーい、って思えるわけなくない」話しているうちに 鬱になった。これ らさき起こるであろう事柄の全てが 鬱だ。それでも彼に可愛いと言われたことが嬉しくて、 鬱と嬉しさを同時に感じることが可能なのだと、まだ16歳のサヨコは、まるで悟ったような気持ちになった。これ らどんどん 鬱が勝っていくに違いない。沈黙になった。ずっと 分 ら話し けていたのに、ふいに彼 ら話し けてくれた。「で、君は、犯、されたくないの?」「ないね。とてもないね」「そう」「そうだ」「大丈夫だよ」なにが?どうして?なにが大丈夫なの?まったく男っつーのはどうしてこんなにも無責任に大丈夫だなどと抜 せるんだろう。まったく男っつーのはいつの時代も…などと考えながら、だけどなんだ 、彼に大丈夫だよと言われた瞬間全てが大丈夫なような気がした。マワされても大丈夫なの もしれない。彼にはそういう、根拠のない 信を植え付ける力があるの もしれない。 分がマワされる姿を想像した。私のブラが茶髪の日焼けした男に外され床に落とされる。そのポトリと床に転がったブラは、一円の価値もないもののように思える。私のブラには価値がない。何 のポエムみたいだ。私はきっとマワされながら、脳内で私のブラには価値がない。私のブラには価値がない。私のブラには価値がない。と歌うに違いない。 鬱になっていくサヨコを ながら、彼がめんどくさそうに「行こう 」と言った。本当に、この世の終わりとも思えるくらい、めんどくさそうな口調である。どこに?行くの?そう思いながら彼に、ついていく。すると、それに気付いた男のひとりが、こっちに近付いてきた。その男の鼻や口には大量のピアスがついていて、とても痛々しい。「どこ行くの?まさ 帰ろうとしてないよね、サヨコちゃん」そう言われて何 面白いギャグで流そうと思った瞬間、手首を掴まれて引き寄せられ、いきなり乳を揉まれた。本当にその男の仕草は、私という人間、そして胸やおっぱいなどという美意識を無視した、まさしく乳にたいする仕草だった。まさしく乳に興味がある仕草であった。あー、なん 、この男うざい。むり。むり。むり。ほんと、うざい。そう思っていると、後ろ ら彼に手首を引っ張られた。私はピア?砲貌?鰊罎泙譴覆?蕁?紊蹐 らオタク男に手首を引っ張られ、上体を反らす、という間抜けな状態になった。乳を揉まれながら反り返っている。その間抜けな姿が、あまりにも哀れだったの 、ピア?砲?擦 ら手を離してくれた。「俺が、やる」彼はオタクらし らぬ口調できっぱりと、そう言った。ピア?砲?悗蕁爾辰半个い覆?蕁屬覆鵑世茲?亜?いい箸骸茲蠅 よ」と言った。「後で回す ら」そう言いながら、私の手を引いて、マンションを出た。「今のうちに逃げなよ」「いいの?」「うん。早く行 ないと つ るよ」「あんたは?あとで、あの男たちに、なんで逃がしたんだよって、怒られたり、ボコボコにされたりしない?」「大丈夫だよ」「なんでなにがどうしてだいじょうぶなの」「逃がしたんじゃなくて、君が逃げたってことにする ら大丈夫だよ」「ねぇ私サヨコって名前なの」「うん。もう行きなよ」「ねぇまた会える?」「大丈夫だよ」なんでどうしてなにがだいじょうぶなのと聞きた ったけどやはり彼が大丈夫だよと言うと大丈夫な気がしてきて、サヨコは、安心して、その場を去った。の いつ の夢シリーズ
2019-12-11 16:16:47
宝乃ありな
いまさらだけど、このデコゥイ?任垢諭?屬覆鵑琶饕?(笑)」ってき れるんですけど、意味不明で、じわじわと面白さがこみあげてくるじゃん!意味不明なものって面白いよね。え、なんなん、この人 みたいな。基本的には興奮状態のときに使ってます!w「だいすき」「あいしてる」「うれしい」みたいな(笑)包丁ついてたら、どんな気持ちなの 読めません ら、ポー ーフェイスも表現しています(笑)
2019-12-11 16:07:39
011-563-6919
お電話で「特報を見た」と伝えるとお得に遊べます。