ソープランド選びに悩んだらランキングを参考にしてみよう、ランキングの活用方法や注意点などを解説

ソープランドランキングとは?

人生は選択の連続
人は大なり小なり、意識的か無意識的かに関わらず、いくつもの決断を迫られながら生きているのです。
そして、変態紳士が日々直面している生きるか死ぬかのタフチョイス、それがソープ選び、嬢選びであることは言うまでもありません。
かつて、ソープ情報の入手先といえばソープ情報誌およびタブロイド紙が二大定番であり、あとは現地に足を運ぶくらい。
個人レベルで得られる情報量、選択肢はたかが知れていたので、決断を下すまでにそう多くの時間は掛かりませんでした。
しかし、今はどうでしょう。
スマホやパソコンひとつあれば、家に居ながらにして日本中のソープ情報がいとも簡単にゲットできるこのご時勢、
選択肢はおびただしい数にのぼり、それら全てを律儀に吟味していたらガマン汁も枯れ果てるというもの。
今や、ソープ選びもネット社会のスピード感覚が求められる時代、そんな新世紀のソープバトルを勝ち抜くために欠かせないツールがソープランキングなのです
ソープランキングは大きく分けて二種類、ひとつは全国のソープを順位付けした店舗ランキング、もうひとつは同一店舗内の嬢を比較した嬢ランキングであります。
前者は風俗情報サイトで見ることができ、予算やエリア、性癖などで絞り込むことで、最短距離でお目当てのソープにアプローチできバッチグー。
特に、店舗ごとの料金差や、受けられるサービスなどがよく分からないというソープビギナーにとっては、大きな指針になること間違いなしであり、
大枚をはたいたあげく期待ハズレのお店に突撃してしまうといった悲劇を、未然に防いでくれることでしょう。
一方の嬢ランキングは、風俗情報サイトと店舗サイトのふたつで見ることが可能
風俗情報サイトでは、店舗の垣根を越えた人気嬢番付を一目でチェックできるので、嬢選びに時間を割けないけれど話題のアタリ嬢に入ってみたい、そんなタイムイズマネーな人にピッタリ
ただ、ソープ縦断人気嬢ランキングは、異なる料金、システムのもとで働く嬢を比較したものであり、嬢の勃起誘発力、顔面偏差値などの優劣を純粋に示しているわけではない点は要注意。
たいていは、サイト内にある嬢ページへのアクセス数で順位が決まるので、広告費を多く投下している有力店の在籍嬢や、グラビアなどの特集ページが組まれた嬢が有利になるようにできています。
もちろん、有力ソープにいたり特集ページが組まれたりするレベルなのでハズレ率は低いのですが、アクセス導線的にあまりにお得なポジションにいるとおぼしき嬢は割り引いて考えるのが安全でしょう。
サイトによっては、読者レビューの評価点と連動したランキングを掲載していることもあり、アクセスランキングと合わせて見ることで人気先行型や影の実力者を炙り出すことも可能
評価点は自作自演の可能性もあるため鵜呑みはデンジャーですが、名のある情報サイトは多数の店舗から満遍なく広告マネーが流れていますので、
特定ソープや嬢に肩入れして現実離れしたランキング操作を行うのは、クライアントや読者の不信感をいたずらに招きサイトの価値を下げるだけ。
ハイリスクローリターン過ぎるので、ある程度の規模を持つサイトなら、そこまで心配する必要はありません。
アクセス数やレビュー評価で決まる情報サイトの嬢ランキングに対し、実際にソープマンのマネーが投入された結果から成る店舗サイトの嬢ランキングは、より実情に即したものといえます。
中でも、一度以上接客したことのあるお客に再度指名されることで上昇する本指名(数)ランキングは、その嬢とお肌とお肌を触れ合わせた変態紳士の総意であり、自作自演やパネマジ、プロフ詐欺などのチョコザイ要素が介入する余地はゼロ
ソープ嬢としての総合力が評価された結果ですから、ランキングが複数ある場合は、とりあえずこれを重視していけば地雷を踏むことはないのです。
このランキングは出勤頻度が低い嬢、一度以上接客したお客の数が少ない新人嬢は不利になりますので、フレッシュな掘り出し物嬢を探したいなら、新人ランキングなども合わせて見ていくと万全でしょう。
そんなわけで、お手軽かつ間違いがないソープランキング活用術は、風俗情報サイトで予算や性癖にマッチしたお店をランキングで吟味したのち、気になったソープの店舗サイトで嬢の本指名ランキングをチェックするという流れ。
このやり方なら、自分好みの嬢にマッハで辿り着けるため、選択肢の多さはプラスにこそなれマイナスに働くことは一切ないのです。
2017年現在、日本には3万5千を超える現役ソープ嬢がいますので、そんな星の海から、ランキングのチカラを借りることなく運命の良嬢を一本釣りすることなどまず不可能。
ソープはワンプレイあたりの時間や料金が他業態よりも重めですから、わずかな手間を惜しんだ結果、お金を払ってまで地獄のひとときを味わうのはいかがなものか?
押し寄せるソープ情報のビッグウェーブに乗るか飲まれるか? それはひとえに、ランキングを賢く使えるかどうかにかかっているのです!

ソープランドランキングこんな方にお勧め

パネマジにプロフ詐欺など挨拶レベル。
ラブラブ系おっとりお嬢様などというキャッチーなフレーズに釣られた結果、ヤニ臭漂うヤンキーにマッハテコキをかまされるのも日常茶飯事。
ネット環境の充実に伴い得られる情報量は格段に増えましたが、それは同時に、トラップに遭遇する危険性がアップしたことを意味します。
そんな中、己の精神とお財布を危険に晒してまで嬢に突撃し、ランキングという形で道を切り拓いてくれる、先人のありがたさといったらありません。
ソープランキングはウソ大げさ紛らわしいが跋扈する無慈悲なソープバトルにおいて、お店や嬢の真の姿を映し出してくれる真実の鏡。
これを見事に使いこなせるのは果たしてどういったタイプなのか? それを今からご紹介致しましょう。

石橋を叩いて渡りたい人ならうまし!
飲食店では毎回ド定番メニューを注文し、初回から送りバントをかます手堅い野球が好きな人は、リスクを避け確実にリターンを取っていく牡牛座の現実主義者タイプ
そんなアナタには、店舗サイトの本指名ランキングがオススメであります。
本指名ランキングは出勤頻度が高く勤務期間が長い嬢ほど上位にきがちなので、何が飛び出すか分からない一寸先は闇的なスリルを味わいたい人には不向きですが、
とりあえずお値段以上の満足度を得たいなら、これほど心強い指針はありません。
特に、失敗が許されない高級店で根拠なしに本指名ランキングに逆らうのは、命知らずのエトランゼと言わざるを得ないデンジャームーブであり、
ソープ初心者の方は絶対に真似してはいけません

野生のカンが研ぎ澄まされていない人ならうまし!
野生のカンに頼っていいのはせいぜい屋台のクジ引きまでであり、一回数万円のソープでそんなものにすがってしまった日には、牡羊座の冒険野郎と言われても仕方ありません。
そもそも、21世紀の日本に生きていながら野性もクソもありませんので、おとなしく文明の恩恵にあずかるのが文明人のたしなみではないでしょうか。
自分の中で経験則が確立されているなら、それに基づいたカンに頼る手はありますが、実戦経験が少ないソープ初心者が根拠のないものをアテにするのはNG。
寄らば大樹の陰、頼るべくは先人の英知が詰まったランキングなのです。
ランキングに沿って安全重視で場数を踏んでいくうちに、アタリ物件に対する嗅覚が自然と研ぎ澄まされていきますので、
そのときこそ、己の野生のカンを信じて掘り出し物嬢を発掘していこうではありませんか!

客観的データで勝負したい人ならうまし!
今も昔も店舗サイトはお店や嬢の良し悪しを測る最高の場所。
しかし、ソープも商売ですから商品である嬢をより良く見せたいのは当たり前。
嬢の写真や年齢、スリーサイズ、性格分析など、お店がお店のために提示しているデータを鵜呑みにしてしまうのは、魚座のピュアボーイ以外の何者でもありません。
信じる心は大切ですが、それも時と場合によるのです。
その点、ランキングは厳然たる事実に基づく客観的データの集合体ですから、多角的に分析することでユーザー目線から嬢の価値を知ることが可能
一昔前の店舗サイトには本指名ランキングくらいしか置いてなかったものですが、今はバラエティに富んだランキングを並べるお店が増えてきました。
細かなランキングは集客だけでなく、嬢のヤル気アップにも繋がるので、ランキングにチカラを入れているお店ほど良嬢が潜む可能性も高いのです。

以上の考察から、石橋を叩いて客観的データで勝負したい文明人こそ、ソープランキングの申し子であるという結論に至りました。
上記性癖に心当たりのある方はとりあえずソープランキングを凝視して、良嬢へと続く運命の赤い糸を見つけていこうではありませんか!

ソープランドランキングQ and A

お店や嬢の優劣が一目瞭然
余計な説明を省いたシンプルな分かりやすさは、ソープランキングの大きなメリット
これほど便利なものがタダで利用できるのですから、初心者だろうとベテランだろうと使わない手はありません。
ただ、一口にお店や嬢のランキングといっても、それが何を比較したものなのかキチンと把握しておかないと、思わぬ落とし穴にハマりデンジャー。
ここでは、ランキングを正しく使うためのアンドをご紹介致しましょう。

Q.ソープランキングはどこで見られるの?
A.全国津々浦々のソープおよびそこで遊べる嬢のランキングは風俗情報サイトで、同一ソープ内の嬢ランキングは店舗サイトで見ることができます。
どちらも、スマホかパソコンがあれば利用可能ですが、ガラケー(ガラパゴス携帯)では利用できないサイトが増えてきました。
非対応のサイトは今後ますます増える一方なので、情報バトルを制したいなら対応機器の導入を積極的に検討したいところです。
ソープランキングのためにわざわざスマホやパソコンを買うのはいかがなものかという至極真っ当なご意見もあるでしょうが、
今後も長く続いていくソープライフにおいて、ランキングで得た情報を駆使して地雷を回避したり、アタリ嬢を引いたりできると考えればリターンの大きさはプライスレス。
多くのライバルがネットで情報を楽々ゲットしている中、それができないのは大きなハンデとなってしまいます。

Q.ソープランキングは無料で見られるの?
A.もちろんでございます
風俗情報サイトはソープから広告マネーが流れていますし、店舗サイトは集客のためにランキングを公開しているわけですから、ここでお金を取る意味はありません。
仮にお金を取ろうとするサイトを発見したときは、あまりにもセコく怪しすぎるので近寄らないのが身のためです。
ランキングの閲覧自体は無料ですが、通信料やプロバイダ料などネット利用にまつわる費用はもちろん発生しますので、
使用量に応じて料金が掛かる従量課金制や、普段は定額でも一定ラインを超えると従量課金になる定額従量課金制の方は使いすぎに注意しましょう。
サイトによっては会員登録をしないとそもそもランキングを利用できなかったり、会員になることで、より詳細なランキングを閲覧できるといったメリットもありますので、頻繁に使うサイトやお店は会員になっておくのがオススメ。
会員になるためにメルマガ登録必須なところがほとんどですが、メルマガだけでなく、サイトと提携しているソープからの営業メールなどもモリモリ飛んできますので、
普段使いのメールアドレスとは別にソープ情報専用のものを用意して、そちらで登録するといいでしょう。
会員費は取られないのが普通ですが、セコいサイトほどそんな心のスキをついてきますので、登録前にチェックしておくと安心です。

Q.風俗情報サイトではどんなソープランキングが見られるの?
A.お店と嬢の人気ランキングは、どんなサイトにも用意されている鉄板メニューが、
人気ランキングはサイト内のページアクセス数から算出されているので、純粋な人気とは異なる点は要注意。
風俗情報サイトは広告マネーで運営されていますので、マネーを多く投下しているお店ほどサイト内の目立つところにバナーが貼られたり、特集ページを組んでもらえたりとアクセス導線的に何かと有利。
店舗ページにアクセスが集まれば、在籍嬢ページもアクセスアップして嬢の人気ランキングが上昇、
そこからさらに店舗ページへのアクセスが増えるといったうまみの連鎖が生まれることになり、ランキング上位はより有利に、下位はより不利になりがち。
順位を参考にするときは、結果だけを鵜呑みにするのではなく、アクセス面であまりにも有利な位置にいるお店や嬢は割り引いて考えるといった、自分なりの調整が必要になってきます。
もちろん、広告マネーの投下自体はインチキでも何でもありません。
広告予算をふんだんに使えるということは、それだけ儲かっている、頑張って集客しようとしている証拠ですし、
何より、お客を呼べるお店にはヤル気マンマンな良嬢が集まってきますので、お客にとってはアタリを引ける確率が高い好環境なのです。
人気ランキング以外では、サイト内のレビューページと連動した評価ポイントランキング、満足度ランキングといったものも合わせて参考にしていきたいところ。
レビューに自作自演やヤラセはつきものですから、なるべく満遍なく公平な書き込みをしている人の意見を重視していくといいでしょう。
嬢の好みや性癖がやけに自分とシンクロしている、そんな生き別れの兄的レビュアーを見つけるのも密かな楽しみのひとつです。

Q.店舗サイトではどんなランキングが見られるの?
A.お店で働く嬢に関する様々なランキングを見ることができます
中でも、どんなお店にも必ずあり、もっとも重視したいのが本指名(数)ランキングです。
本指名は一度以上遊んだことのある嬢を同じお客が再び指名することですから、本指名ランキング上位陣はパネマジやプロフ詐欺など抜きにして、顧客満足度がもれなく高いことが分かります
オトコはどんな美人でも3日で飽きてしまう悲しきセックスモンスターであり、特にソープのような選り取り見取り状態なら、なおさら色々な嬢に浮気したくなるもの。
ソープでは10人接客して1人本指名が返ってくれば合格と言われるほど、本指名を取るのは難しいことですから、
強力なライバルひしめく人気店の本指名ランキング上位陣などは、お値段以上の接客を見せてくれること間違いなしなのです
しかし、いくらランキング上位でもプレイスタイルに得手不得手はありますし、見た目が自分のストライクゾーンから外れ過ぎているのはいかがなものか?
最後にものを言うのは、やはり己の好みや性癖であることはキモに銘じておかねばなりません
本指名ランキングと似たものにネット指名ランキングがありますが、こちらはネットや店頭の写真から指名を取ったランキングになりますので、本人の顔面、スタイル、テク、接客態度などは一切無関係
修正後の写真の良し悪しが大きくものを言いますので、本指名ランキングに比べ信頼度はグッと下がりますが、
同じお店で同じパネマジ処理を施した結果、他よりかわいく見えるのは素材の時点で勝利している証拠ともいえますので、ビジュアル重視派なら大いに参考にしていきたいところ。
特に、失敗してもダメージが少ないうえに、フレッシュなヤング嬢が多い格安店では、ネット指名ランキング上位陣を狙ってみるのは悪くない作戦です。
本指名やネット指名ランキングに比べると採用店は少ないものの、アンケート評価ランキングも嬢の実力が反映されやすいのでもし見つけたら要チェック。
ライバルを増やしたくないという理由で、良嬢のレビューは絶対にアップしないという断固たる決意の持ち主でも、
極上サービスを受けた直後にアンケート用紙をサラリと出されたら、嬢の笑顔を思い出しつつ素直な気持ちで高評価を入れてしまうもの。
評価ランキングはサービスを実際に受けた変態紳士たちが、熱の冷めやらぬうちに評価を下したという意味で、その信頼度はトップクラスなのです
風俗情報サイトと同じように、プロフページへのアクセスランキングも最近では定番になってきました。
本指名やネット指名ランキングからプロフページにアクセスすることが多いため、多くのメンバーは重複する傾向にありますが、
指名ランキングでは一歩届かないものの、写メ日記などから地道にアクセスを集めたりしている、ヤル気嬢や真面目嬢が顔を出すことがありますので、ハートで勝負するガッツあふれる嬢を探している人なら目を通しておきたいところ。
なお、本日のオススメランキング、ピチピチランキングといった、何を根拠にしているのかよく分からないものは、適当なお茶挽き嬢をローテーションで載せている可能性があるので気をつけましょう。

Q.店舗サイトにある本指名率ランキングとか、リピート率ランキングとかの違いがよく分からないのですが?
A.このあたりは非常に紛らわしいのですが、違いを知ることで、よりランキングが活用できるようになりますので、きっちりマスターしていきましょう。
まず、本指名やネット指名ランキングは、その「数」で順位が決まるものです
一定期間内に本指名を10本取ったA嬢は、5本のB嬢より上といったように単純に数の勝負となるので、出勤頻度が高いほうが基本的に有利
先の例だとA嬢とB嬢の出勤スケジュールも合わせて比較しないと、本当の差は見えてこないのです
OLや学生など週末くらいしかまともに出勤してこない嬢は、ソープ嬢としては素人感満点の好素材ですが、彼女たちは本指名やネット指名ランキングにはまず出てきません。
数で勝負するランキングは、安定感のあるプロフェッショナルソープ嬢を探すのに適している反面、素人嬢発見ツールとしてはイマイチなのです。
一方、出勤頻度から生まれる有利不利をなくすべく作られたのが、本指名率やリピート率といった「率」を競うランキングであります
本指名率は全お仕事に対する本指名の割合を示すものであり、例えば、100本中10本のA嬢は本指名率10%、20本中5本のB嬢は25%となり、ここではB嬢がA嬢の上に位置することに
率で決まるランキングは、あまりにも母数が少ないと参考になりませんので、野球で言うところの規定打席のように、お仕事数何本以上といった要件が付くこともあります。
本指名率は高ければ高いほど、実際に接客したお客を満足させる能力があると読み取れますが、出勤数が少ない嬢はプレミアム感から本指名が入りやすくなるので多少の割引が必要
''リピート率''は本指名率と似ていますが、こちらはフリー&ネット指名客として遊んだお客が、一定期間内(たいていは1〜2ヶ月以内)に本指名客としてリピートしてきた割合を算出したもの
要は一見さんを常連客に変えるパワーを示したものですから、このランキングで上位にいる嬢は、そのお店で頭ひとつ抜けた接客能力の持ち主であることが予想されます。
ソープによってはリピート率を本指名率の意味で使っているところもありますが、ふたつをきちんと使い分けているお店なら、本指名率よりリピート率上位を重視していくとよりアタリに近づけるはずです。
数のランキングは出勤頻度が高い嬢ほど、率のランキングは出勤頻度が低い嬢ほど有利になる、どんなソープランキングを見るときも、この基本を忘れてはなりません。
なお、数と率、両方のランキングに顔を出している嬢は、規定打席を満たした3割バッターのようなものですから、女房を質に入れてでも突撃したい超優良物件といえます。

ソープランドランキング用語解説

動くソープ情報館(ウゴクソープジョウホウカン)
ソープ街を主戦場とするタクシー運転手のこと
ネットがなかった時代、彼らの握るソープ情報は質、量、鮮度どれをとっても最高クラスであり、これをあてにするソープマンは多かった。
運転手はお客だけでなく嬢の送迎もしているので、どのお店に勢いがあるかを肌で感じることができたのだ。
お店から密かに接待を受けるほど、強い影響力を持つ人もいたが、
情報収集の中心地がネットに移行するにつれ、タクシー運転手のそういった役割も薄れてしまった。

勝ち組ランキングスパイラル(カチグミランキングスパイラル)
ランキング上位に位置することで、すべてがうまく回っていく状態。対義語に負け組み(マケグミ)ランキングスパイラルがある。
時間をかけず正解にたどりつきたい人にとって、一目で優劣が分かるランキングは心強い味方。
特に、膨大な情報の取捨選択を日々迫られているネットの住人は、何をするにもとりあえずランキングから入るのが当たり前の習慣になっており、ネットの世界でランキング上位をキープする意味はすこぶる大きい。
大勢の目に留まる場所にいることがアクセスや集客を生み、その行動がさらにランキングを押し上げていく。
この勝利の歯車は一度回りだしたらそう簡単には止まらないし、止まった歯車を再び動かすのはそれ以上に難しい。
ソープランキング内と圏外はまさに天国と地獄、わずかな順位差がケタ違いの格差へと繋がる

KKD(ケーケーディー)
勘、経験、度胸の頭文字であり、ソープマン必携の三要素
勘は経験を元に磨かれ、経験は度胸なくして積むことはできないが、ランキングが充実していなかった時代は度胸だけで突撃した結果、地雷を踏むことも多かった。
その点、今は先人が切り拓いたランキングを参考にすることで、初心者も安全に経験を積むことができバッチグー。
しかし、変態紳士たるもの誰かが敷いたレールの上ばかりを歩いていてはいかがなものか?
時にはランキングに抗い、後進のために人跡未踏のルートを切り拓くのもオツなもの。
来たるべき決戦の日に向け、日々のソープバトルでKKDを養っていきたい。

ランキング依存(ランキングイゾン)
なんでもかんでもランキングに頼ってしまう、脳ミソ停止状態のこと。
世の中、右も左もランキングだらけであり、ここまでもてはやされる大きな理由として、自分で考えなくていい決断しなくていいという点が挙げられる。
ソープに突撃する前に、ああでもないこうでもないと苦悩するのが好きな人もいるだろうが、大半の人はそんなことより一刻も早く美女とチョメチョメしたいもの。
ソープランキングは言うなれば頂上直通のケーブルカーであり、楽しておいしいところだけ味わいたい人にとってはありがたい限り。
しかし、ソープランキングはあくまでも他人のティンポの総意でしかなく、それが自分にとってのベストである保証はどこにもない。
全てをランキング任せにするのではなく、最後は己のティンポとじっくり相談し悔いのない決断を下していきたい。

ソープランドランキングコラム

人生において、選択肢は多ければ多いほどいい。
ほとんどの人は、こう考えるはずです。
しかし、やった後悔より、やらなかった後悔が大きくなってしまうのが人間の底知れぬ欲深さ
選択の余地があればあるほど、諦めなければならないルート、実現できなかった未来も増えることになり、
それらは、やっぱりあっちを選んだ方が正解だったんじゃないだろうか? いつしか、そんなモヤモヤに繋がってしまいがち。
実際のところ、選べなかった未来が今よりハッピーな保証などどこにもないのですが、
こればっかりは確かめようがないので、心に積もった灰色のオリは、いつまでたっても消えることはないのです。
選択肢の多い人生が必ずしも幸せとは限らない。なんとも含蓄のある言葉であります。
では、ソープライフにおいて、選択肢は多ければ多いほどいいのでしょうか?
ソープ専門誌かタブロイド紙くらいしかまともな情報源がなかった時代に比べると、ネットで得られる情報量はケタ違い。
家に居ながらにして、全国津々浦々のお店と嬢のデータがいくらでもゲットできるのは、当時からすると夢のような状況です。
あっちにしようか? いやこっちの嬢の方がエロスな予感がするなどと、情報が増えればそれだけ迷いのタネも増えるわけで、
さんざん迷ったあげく不運にも地雷を踏んでしまった日には、やっぱりあっちを選んでおくべきだったと、
切り捨てた選択肢に後ろ髪をひかれつつ、枕を涙で濡らしてしまうこともあるでしょう。
しかし、ソープライフでは、やらなかった後悔をいつまでも引きずっていてはいけませんし、その必要もありません。
不屈の闘志とマネーさえあれば、何度でもチャレンジし直せる、それがソープライフのいいところなのですから!
今回は残念な結果に終わったとしても、モヤシライフで再起を図り、選べなかったもうひとつの未来へ突撃すれば万事OK。
その結果、さらなる地雷を踏んだとしても、やらなかった後悔として残るより精神衛生上はるかにマシなのです。
正直、一度や二度のミスチョイスでへこたれているようではソープマンとしては二流。白帯贈呈と言わざるを得ません。
失った時間やお金、精子は確かに返りませんが、お財布やタマキンの中身は時が経てば元通り。
アナタのティンポがファイティングポーズを取り続ける限り、ソープバトルのテンカウントゴングが鳴ることはないのです。
ただ、いくらネバーギブアップ精神の持ち主といえども、星の数ほどある選択肢を闇雲に選んでいるようでは、真っ白な灰として燃え尽きてしまうのは時間の問題。
こんなときこそ、先人の涙とマネーの結晶、名もなきソープマンたちが導き出したエロスの最大公約数、ソープランキングの出番なのではないでしょうか?
ソープランキングはソープバトルにおけるセコンドのようなもの、大ケガのないよう的確なアドバイスをくれますので、これをベースにしつつ時に大胆に時に繊細に攻めていけば、おのずと勝利は見えてくるはずです。
オトコは常に新しいオマンマンとの出会いを求める、永遠のセックスチャレンジャー。
いくらでもやり直しがきくソープライフにおいて、選択肢は多ければ多いほどいいに決まっているのです。